このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:52回

  • 貸出数:11回
    (1年以内の貸出数:6回)

<図書>
近代日本の戦争と政治
キンダイ ニホン ノ センソウ ト セイジ

責任表示 三谷太一郎著
シリーズ 岩波人文書セレクション
データ種別 図書
出版者 東京 : 岩波書店
出版年 2010.12
本文言語 日本語
大きさ vii, 409p ; 19cm
概要 日清戦争から冷戦後の時代にかけての百年間に、近代日本が経験した戦争と戦後との関係を、政治の変化に着目して考察する。近代日本の戦争は、時として既存の政治体制に対して大きな変革をもたらしたことを、戦時体制下の軍事化・民主化・植民地化の過程と、戦後体制におけるそれらの過程の連続と逆転を追跡しながら検証する。また、日本の近代化の必然的所産であった天皇制の固有のジレンマが、十五年戦争の戦後に残された戦争責任...題をいかに複雑化したかを論ずる。さらに、戦争の時代にあって「少数者」の重要性を認識し、「少数者」として生きた知識人たちの歴史的役割を明らかにする。続きを見る
目次 1 戦時体制と戦後体制—日清戦争から冷戦まで(日清戦争百年—一九九四年の時点からの考察
戦時体制と戦後体制)
2 戦争の時代の政治とイデオロギー(日本における「地域主義」の概念—ナショナリズム及び帝国主義との関連についての歴史的分析
満州国国家体制と日本の国内政治—戦時体制モデルとしての満州国
独ソ不可侵条約下の日中戦争外交—イデオロギーと権力政治)
3 天皇と天皇制(日本近代化と天皇制
昭和期の政治と天皇
天皇機関説事件の政治史的意味
宮廷政治家の論理と行動—『木戸幸一日記』に見る重臣イデオロギー
和辻哲郎の「尊皇思想」)
4 戦争の時代と知識人(吉野作造と現代
南原繁百歳
反歴史主義的歴史観—田中美知太郎『時代と私』についての一感想
普遍主義的経験論者—ジョージ・B サンソム『西欧世界と日本』をめぐって
第二次世界戦争前夜のヨーロッパと岡義武
戦争の時代についての少数派知識人の回想—岡義武の場合
吉野作造と丸山眞男)
続きを見る

所蔵情報


中央図 2A 032112011002613 210.6/Mi 58 2010

中央図 4C_1‐135 [法] 024112010016066 Lj 70/M/185 2010

中央図 自動書庫 024112010016030 Lj 70/M/185A 2010

書誌詳細

一般注記 1997年12月刊の再刊
岩波人文書セレクションに寄せて: p403-409
著者標目 三谷, 太一郎(1936-) <ミタニ, タイチロウ>
件 名 BSH:日本 -- 歴史 -- 近代  全ての件名で検索
NDLSH:日本 -- 歴史 -- 明治以後  全ての件名で検索
NDLSH:日本 -- 政治 -- 歴史 -- 明治以後  全ての件名で検索
分 類 NDC8:210.6
NDC9:210.6
NDC9:312.1
書誌ID 1001437219
ISBN 9784000284400
NCID BB04226301
巻冊次 ISBN:9784000284400 ; PRICE:3000円+税
登録日 2011.01.05
更新日 2011.05.18

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています