このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:22回

  • 貸出数:0回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
哲学の教科書 : ドゥルーズ初期
テツガク ノ キョウカショ : ドゥルーズ ショキ

責任表示 G・ドゥルーズ編著 ; 加賀野井秀一訳注
シリーズ 河出文庫 ; [ト6-14]
データ種別 図書
出版者 東京 : 河出書房新社
出版年 2010.12
本文言語 日本語
大きさ 252p ; 15cm
概要 高校教師をしていたドゥルーズが教科書として編んだ、マリノフスキーからベルクソン、マルクスにいたる全六十六編のアンソロジー『本能と制度』と、処女作「キリストからブルジョワジーへ」。これら幻の名著を詳細な訳注によって解説し、潜在性、差異、多様体、力といった、ドゥルーズ哲学の原点を明らかにする。
目次 キリストからブルジョワジーへ
本能と制度(制度—傾向性を満足させるための間接的・社会的な手段の体系
本能—傾向性を満足させるための直接的で種に特有な手段の体系
本能と制度との独創性
状況と適応
技術、芸術、遊戯
本能と知性
人間と動物)

所蔵情報


中央図 自動書庫 032112010031792 135.5/D 55 2010

書誌詳細

一般注記 1998年に夏目書房より刊行された『ドゥルーズ初期』を改題の上、文庫化したもの
著者標目 Deleuze, Gilles, 1925-1995
加賀野井, 秀一(1950-) <カガノイ, シュウイチ>
書誌ID 1001435997
ISBN 9784309463476
NCID BB04127966
巻冊次 ISBN:9784309463476 ; PRICE:950円
登録日 2010.12.13
更新日 2010.12.13

この資料を見た人はこんな資料も見ています