このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:26回

  • 貸出数:6回
    (1年以内の貸出数:1回)

<図書>
古語の謎 : 書き替えられる読みと意味
コゴ ノ ナゾ : カキカエ ラレル ヨミ ト イミ

責任表示 白石良夫著
シリーズ 中公新書 ; 2083
データ種別 図書
出版者 東京 : 中央公論新社
出版年 2010.11
本文言語 日本語
大きさ iv, 240p : 挿絵 ; 18cm
概要 古語とは何か。「明治維新以前の言葉」ではない。江戸時代には『源氏物語』の言葉が、平安時代には『万葉集』の言葉が古語であったように、今後も書き換えが続いていくのである。江戸中期、初めて「古典をその時代の言葉で読む」方法が確立する。賀茂真淵、本居宣長らによって夥しい古語が読まれ、解釈され、『万葉集』や『古事記』は庶民に近くなる。その過程で生まれた仮説や誤りの謎を解き、言葉の本質を考える。
目次 第1章 創作される人麻呂歌—「ひむがし」が歌語になるまで
第2章 「秘す可し」を乗り越えて—近代化する古典学
第3章 幻の万葉語たち—江戸時代に生まれた古代語
第4章 濁点もばかにならない—架空の古語の成立
第5章 銭湯の古典談義—大衆化する古学
第6章 発見の時代—古学の充実
第7章 鈴虫はちんちろりんと鳴いたか—古学の呪縛
第8章 古典解釈の江戸と京都—反古学派の古典享受
終章 作者自筆本という幻想—古学の限界

所蔵情報


中央図 1B_2‐12 [文/国文] 021112010524503 国文/10G/67 2010

理系図2F 文庫新書 032112010031067 中公新書 2010

芸工新書 2階 050112010012844 810/Sh82 2010

書誌詳細

別書名 異なりアクセスタイトル:古語の謎 : 書き替えられる読みと意味
一般注記 参考文献: p233-240
著者標目 白石, 良夫(1948-) <シライシ, ヨシオ>
件 名 BSH:日本語 -- 古語  全ての件名で検索
BSH:国語学 -- 歴史  全ての件名で検索
BSH:国学 -- 歴史  全ての件名で検索
分 類 NDC8:810.23
NDC9:810.23
書誌ID 1001435241
ISBN 9784121020833
NCID BB03977546
巻冊次 ISBN:9784121020833 ; PRICE:780円
登録日 2010.12.01
更新日 2010.12.06

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています