このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:17回

  • 貸出数:4回
    (1年以内の貸出数:1回)

<図書>
昭和の思想
ショウワ ノ シソウ

責任表示 植村和秀著
シリーズ 講談社選書メチエ ; 483
データ種別 図書
出版者 東京 : 講談社
出版年 2010.11
本文言語 日本語
大きさ 174p : 挿図, 肖像 ; 19cm
概要 「戦前=戦後」だけでなく、昭和はつねに「二つの貌」を持っていた。皇国史観から安保・学生運動まで、相反する気分が対立しつつ同居する昭和の奇妙な精神風土の本質を、丸山眞男・平泉澄・西田幾多郎・蓑田胸喜らの思想を元に解読する。
目次 第1章 日本思想は二つ以上ある
第2章 思想史からの靖国神社問題—松平永芳・平泉澄
第3章 思想史からの安保闘争・学生反乱—丸山眞男
第4章 思想史からの終戦と昭和天皇—阿南惟幾・平泉澄
第5章 思想史からの世界新秩序構想—西田幾多郎・京都学派
第6章 思想史からの言論迫害—蓑田胸喜
第7章 二〇世紀思想史としての昭和思想史

所蔵情報


中央図 4Wa_10‐21 [新書] 032112010029367 081.6/Ko 19/(483) 2010

比文 社会変動 032112010031120 081.6/Ko 19/(483) 2010

比文 社会変動 032112010030888 081.6/Ko 19/(483) 2010

書誌詳細

一般注記 索引: p171-174
著者標目 植村, 和秀(1966-) <ウエムラ, カズヒデ>
書誌ID 1001434190
ISBN 9784062584845
NCID BB03829243
巻冊次 ISBN:9784062584845 ; PRICE:1500円+税
登録日 2010.11.16
更新日 2010.12.01

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています