このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:176回

  • 貸出数:17回
    (1年以内の貸出数:1回)

<図書>
「始まり」のアーレント : 「出生」の思想の誕生
「ハジマリ」 ノ アーレント : 「シュッショウ」 ノ シソウ ノ タンジョウ

責任表示 森川輝一著
データ種別 図書
出版者 東京 : 岩波書店
出版年 2010.7
本文言語 日本語
大きさ xxxi, 386, 15p ; 20cm
概要 「自由」や「複数性」といった概念を懐胎した、アーレントを貫く原理である「出生」の思想とは何か。「世界への愛」が、ここから開かれる。
目次 第1章 アーレント解釈史を捉え直す—何が問われ、何が問われてこなかったのか(裁断されるアーレントの思想—現代政治理論の隘路の中で
拡散するアーレント像—一九九〇年代以降のアーレント解釈 ほか)
第2章 自己・他者・世界をめぐる問いの始まり—アウグスティヌス論とパーリア論(『アウグスティヌスにおける愛の概念』—その問いの構造
『アウグスティヌスにおける愛の概念』におけるアーレントの探究—隣人の意義をめぐって ほか)
第3章 「制作」の暴力性—全体主義論の生成過程(1)(アーレントの全体主義論の特質—その問いの射程と構造
「人種帝国主義」論から『全体主義の起源』初版まで—近代人のニヒリズム ほか)
第4章 「制作」から「労働」へ—全体主義論の生成過程(2)(「制作」と「労働」—過程を支配するhomo faberと過程に支配されるanimal laborans
「組織化された孤絶」の破壊力—『全体主義の起源』第二版における全体主義理解 ほか)
第5章 出生について—政治的なるものの「始まり=原理」(「出生」の思想の誕生—「始まり」の時間性
自由の「始まり=原理」—『アウグスティヌスにおける愛の概念』を新たに反復する ほか)

所蔵情報


中央図 4A 010112010015233 311.234/Mo 51 2010

理系図1F 開架 032112011016462 311.234/Mo 51 2010

法 研究室 024112010020697 Jj 79.1/M/6 2010

比文 文化動態 032112010029964 311.234/Mo 51 2010

書誌詳細

別書名 異なりアクセスタイトル:始まりのアーレント : 出生の思想の誕生
一般注記 参考文献: 巻末p1-15
著者標目 森川, 輝一(1971-) <モリカワ, テルカズ>
件 名 NDLSH:Arendt, Hannah(1906-1975)
分 類 NDC8:311.234
NDC9:311.234
書誌ID 1001433378
ISBN 9784000244596
NCID BB02745738
巻冊次 ISBN:9784000244596 ; PRICE:3200円+税
登録日 2010.11.08
更新日 2011.09.22

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています