このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:2回

  • 貸出数:7回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
漢学と洋学 : 伝統と新知識のはざまで
カンガク ト ヨウガク : デントウ ト シンチシキ ノ ハザマ デ

責任表示 岸田知子著
シリーズ 阪大リーブル ; 024 . 懐徳堂
データ種別 図書
出版者 吹田 : 大阪大学出版会
出版年 2010.9
本文言語 日本語
大きさ iv, 184p ; 19cm
概要 漢文で学んだ知識人に西洋学問はいかに受け入れられたか。
目次 1 洋学受容と漢学
2 洋学者たちと漢学(洋学者と漢文
日本の医学—蘭学以前
漢学の足かせ—華夷思想・「聖賢の学」との闘い)
3 洋学がつなぐ大坂知的ネットワーク(懐徳堂と適塾
中井履軒と山片蟠桃—洋学受容の立場から)
4 伝統と新知識のはざまで(二つの五行論—前野良沢と山片蟠桃
漢学者と洋学—広瀬旭荘の場合)

所蔵情報


中央図 4A 010112010014546 302.1/Ki 58 2010

書誌詳細

一般注記 参考文献: p182-184
著者標目 岸田, 知子(1947-) <キシダ, トモコ>
件 名 BSH:懐徳堂
BSH:漢学 -- 歴史  全ての件名で検索
BSH:洋学 -- 歴史  全ての件名で検索
分 類 NDC9:402.105
NDC9:302.1
書誌ID 1001432796
ISBN 9784872592450
NCID BB03485585
巻冊次 ISBN:9784872592450 ; PRICE:1700円+税
登録日 2010.11.01
更新日 2010.11.01

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています