このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:152回

  • 貸出数:59回
    (1年以内の貸出数:1回)

<図書>
教育の社会学 : 「常識」の問い方,見直し方
キョウイク ノ シャカイガク : 「ジョウシキ」 ノ トイカタ, ミナオシカタ

責任表示 苅谷剛彦 [ほか] 著
シリーズ 有斐閣アルマ ; Specialized
データ種別 図書
新版
出版者 東京 : 有斐閣
出版年 2010.4
本文言語 日本語
大きさ xv, 304p : 挿図 ; 19cm
概要 実態を順序立てて解明する作業と知識編で、問題へのアプローチ法、実態についての知識、理解や考察を深めるための理論、という3つの面から“教育の社会学”を学べるよう工夫しました。10年を経て改めて問い直す、定番テキストの新版。
目次 1 学校に行かない子ども(「不登校」と「学校に行かないこと」
不登校・長期欠席はどう捉えられてきたか?—構築主義という視点
問題の再定義と対応策の再検討
教育問題の社会学・入門)
2 家庭教育と幼児教育の変化(子どもをよりよく育てること—家庭教育への関心の高まり
早くからの教育—幼児教育の普カと早期化
選択される幼児教育
幼児教育の社会学・入門)
3 ジェンダーと教育の歴史(学校化される“女”と“男”—近代学校教育における男女の統合と分離
身を立てる男と駆り立てる女—立身出世主義と性分業
学校文化における身体とジェンダー
「ジェンダーと教育」の社会学・入門)
4 「学歴社会」の変貌と「格差」(完璧な能力主義社会は可能か?—学歴社会とメリトクラシー
日本社会はどこまでメリトクラティックか?—学歴社会の実像、虚像、そして変容
教育の格差拡大と学歴社会の変貌
「教育と社会階層」の社会学・入門)
続きを見る

所蔵情報


中央図 4A 010112010014243 371.3/Ka 67 2010

書誌詳細

別書名 奥付タイトル:Sociology of education
異なりアクセスタイトル:教育の社会学 : 常識の問い方見直し方
一般注記 その他の著者: 濱名陽子, 木村涼子, 酒井朗
引用・参考文献: 各章末
図書紹介: 各章末
著者標目 苅谷, 剛彦(1955-) <カリヤ, タケヒコ>
浜名, 陽子(1955-) <ハマナ, ヨウコ>
木村, 涼子(1961-) <キムラ, リョウコ>
酒井, 朗(1961-) <サカイ, アキラ>
件 名 BSH:教育社会学
分 類 NDC8:371.3
NDC9:371.3
NDLC:FA51
書誌ID 1001432772
ISBN 9784641124004
NCID BB01669226
巻冊次 ISBN:9784641124004 ; PRICE:2000円+税
登録日 2010.11.01
更新日 2010.11.01

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています