このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:12回

  • 貸出数:0回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
森棲みの社会誌
モリスミ ノ シャカイシ

責任表示 木村大治, 北西功一編
シリーズ アフリカ熱帯林の人・自然・歴史 ; 2
データ種別 図書
出版者 京都 : 京都大学学術出版会
出版年 2010.3
本文言語 日本語
大きさ xiii, 395p, 図版 [4] p : 地図 ; 23cm
概要 人と人、民族と民族、伝統と近代、様々なインタラクションをとおして森の暮らしはどう変わるのだろうか。森に関わり生きる人びと、その行方を探る。
目次 第1部 総説(アフリカ熱帯林の社会(1)—中部アフリカ農耕民の社会と近現代史
アフリカ熱帯林の社会(2)—ピグミーと農耕民の関係
ピグミー系狩猟採集民における文化研究
アフリカ熱帯林における宗教と音楽
農耕民と狩猟採集民における相互行為研究)
第2部 バントゥーの社会(熱帯雨林のローカル・フロンティア—コンゴ共和国北部、バントゥー系焼畑農耕民の事例
森の「バカンス」—カメルーン東南部熱帯雨林の農耕民バクウェレによる漁撈実践を事例に
中部アフリカ熱帯雨林カカオ生産における労働力利用—カメルーン南部に暮らすバントゥー系農耕民ファンを事例として)
第3部 ピグミーと隣人たち(ピグミーと農耕民の民族関係の再考—ガボン南部バボンゴ・ピグミーと農耕民マサンゴの「対等な」関係
森の民バカを取り巻く現代的問題—変わりゆく生活と揺れる民族関係
カメルーン熱帯雨林地帯の「障害者」—身体障害を持つ人びとの生活実践とその社会的コンテクスト)
第4部 相互行為の諸相(バカ・ピグミーは日常会話で何を語っているか
所有者とシェアリング—アカにおける食物分配から考える
「子どもの民族誌」の可能性を探る—狩猟採集民バカにおける遊び研究の事例
ピグミー系狩猟採集民バカにおける歌と踊り—「集まり」の自然誌に向けて)
第5部 見えない世界(音声の優越する世界—仮面結社の階梯と秘密のテクスト形態
エフェにおける死生観の変遷を考える)
続きを見る

所蔵情報


中央図 4A 010112010025614 382.4/Ki 39 2010

文 比較宗教(研究室) 021112010008321 比較宗教/12I/76 2010

書誌詳細

別書名 異なりアクセスタイトル:森棲みの社会誌
一般注記 引用文献: p369-387
著者標目 木村, 大治(1960-) <キムラ, ダイジ>
北西, 功一(1965-) <キタニシ, コウイチ>
件 名 BSH:アフリカ
BSH:熱帯林
NDLSH:民族 -- アフリカ  全ての件名で検索
分 類 NDC8:389.4
NDC9:382.4
書誌ID 1001432179
ISBN 9784876989539
NCID BB01655695
巻冊次 ISBN:9784876989539 ; PRICE:4700円+税
登録日 2010.10.22
更新日 2010.10.22

類似資料