このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:13回

  • 貸出数:6回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
可能性としての文化情報リテラシー
カノウセイ トシテノ ブンカ ジョウホウ リテラシー

責任表示 岡田浩樹, 定延利之編
データ種別 図書
出版者 東京 : ひつじ書房
出版年 2010.3
本文言語 日本語
大きさ iv, 294p : 挿図 ; 21cm
概要 文献テキストばかりで文化を論じるには限界がある。声や仕草、姿勢や背景といった文化情報を活用する能力「文化情報リテラシー」を身につければ、どのような文化研究が新たに可能になるのか。また、どのような問題が新たに見えてくるのか。文化人類学・言語学・コミュニケーション科学・美学・自然科学の研究者がそれぞれの立場で「文化情報リテラシー」を語り、あるいは実践してみせた学際的な1冊。初学者を想定してできるだけ平...に書かれている。続きを見る
目次 文化のカオスに挑む—文化研究のマルチ・オブジェクト化と文化情報リテラシー
第1部 マルチメディアとフィールドワーク(フィールドワークの技法から「文化情報リテラシー」へ
文化研究における映像の活用法—映像人類学の近年の展開について
淡路人形浄瑠璃の伝承の場—淡路三原高等学校郷土部の活動を中心に
文化研究への文化情報リテラシーの駆使の試み—淡路人形浄瑠璃における「伝承」を対象に)
第2部 マルチメディアとコミュニケーション研究(インタラクションを捉えるということ
マルチモーダルな会話データの収集と処理
音声コミュニケーションに関する研究交流のために
人物像に応じた個人内音声バリエーション)
第3部 文化情報を読み解くということ(伝統的な慣習を読み解く—雅楽における様式化された楽器間の「会話」のメカニズム
舞台にあがった囃し田—「民俗」から演じられる「芸能」へ
「赤城大明神事」考—継子いじめ譚の検討を通して
続きを見る

所蔵情報


中央図 4A 010112010013241 361.5/O 38 2010

書誌詳細

別書名 異なりアクセスタイトル:可能性としての文化情報リテラシー
一般注記 参考文献: 各論文末
著者標目 岡田, 浩樹(1962-) <オカダ, ヒロキ>
定延, 利之(1962-) <サダノブ, トシユキ>
件 名 BSH:文化
BSH:マルチメディア
BSH:コミュニケーション
分 類 NDC8:361.5
NDC9:361.5
書誌ID 1001432065
ISBN 9784894764996
NCID BB02693055
巻冊次 ISBN:9784894764996 ; PRICE:2400円+税
登録日 2010.10.22
更新日 2010.10.22

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています