このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:16回

  • 貸出数:10回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
僧侶と海商たちの東シナ海
ソウリョ ト カイショウ タチ ノ ヒガシシナカイ

責任表示 榎本渉著
シリーズ 講談社選書メチエ ; 469 . 選書日本中世史 ; 4
データ種別 図書
出版者 東京 : 講談社
出版年 2010.10
本文言語 日本語
大きさ 257p : 挿図, 肖像, 地図 ; 19cm
概要 遣唐使が途絶してからも、大陸との交流はむしろ活発に行われていた。その担い手は利を求め海を闊歩する海商たち。そして、彼らの助けを得て何百もの僧侶たちがあらたな教えを求めて大陸へと向かっていた。多くの記録を史料に残した僧たちの足跡を辿ることで、海域交流の実相に迫り、歴史世界としての東シナ海を描き出す。
目次 序章 中世日本と東シナ海
第1章 「遣唐使以後」へ(最後の遣唐使、出発
海商の登場
「遣唐使以後」の入唐僧たち)
第2章 古代から中世へ(平安王朝の対外政策
帰国しなかった僧たち
密航僧の出現)
第3章 大陸へ殺到する僧たち(「中世」の始まり
日宋仏教界をつないだ人脈—入宋僧円爾
日元関係の波紋と仏教交流—入元僧龍山徳見)
第4章 「遣明使の時代」へ(混乱の海、統制の海
仏教交流の変質)
続きを見る

所蔵情報


中央図 4Wa_10‐21 [新書] 032112010019606 081.6/Ko 19/(469) 2010

中央図 4Wa_10‐21 [新書] 032112013008164 081.6/Ko 19/(469) 2010

書誌詳細

一般注記 索引: p246-257
著者標目 榎本, 渉(1974-) <エノモト, ワタル>
件 名 BSH:日本 -- 歴史 -- 中世  全ての件名で検索
BSH:日本 -- 歴史 -- 平安時代  全ての件名で検索
BSH:日本 -- 歴史 -- 鎌倉時代  全ての件名で検索
BSH:日本 -- 対外関係 -- アジア(東部) -- 歴史  全ての件名で検索
BSH:海運 -- アジア(東部)  全ての件名で検索
BSH:僧侶
分 類 NDC9:210.4
書誌ID 1001431487
ISBN 9784062584685
NCID BB03463968
巻冊次 ISBN:9784062584685 ; PRICE:1600円+税
登録日 2010.10.14
更新日 2013.07.12

類似資料

この資料を借りた人はこんな資料も借りています