このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:11回

  • 貸出数:5回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
イランはこれからどうなるのか : 「イスラム大国」の真実
イラン ワ コレカラ ドウナル ノカ : イスラム タイコク ノ シンジツ

責任表示 春日孝之著
シリーズ 新潮新書 ; 384
データ種別 図書
出版者 東京 : 新潮社
出版年 2010.9
本文言語 日本語
大きさ 239p : 地図, 挿図 ; 18cm
概要 今、イランから目が離せない。核開発、開票不正疑惑、大統領の過激発言など、中東発のニュースを独占している。その非妥協的な態度ゆえに、国際社会から孤立しつつも、再建途上のイラクやアフガンを尻目に存在感は増すばかり。しかし、その実像はいまだ不透明なベールに包まれている。核開発の本当の理由、アラブへの近親憎悪、米国への秘めた想いなど、特派員としての取材経験をもとに「中東の大国」の本音に迫る。
目次 第1章 現代イランの生活をのぞく(花咲くパーティー文化
ネクタイ姿は西洋かぶれの今昔
厳格な服装取り締まりの是非
チャドルとミニスカートのあいだ
「みだらな姿」を定義すれば
女性はサッカー観戦禁止
抗えない「分化侵略」
コネ社会で口コミ社会)
第2章 「ペルシャの誇り」をひと皮むけば(映画『300』は政治宣伝か
イスラムか、ナショナリズムか
アレキサンダーは「侵略者」
「白人」のイラン人と「黒人」のアラブ人
ペルシャ語辞書に「反省」はなし
ドバイに激しく嫉妬する
ペルシャ湾か
イスラエルは敵か?
中東の知られざる三角関係)
第3章 イランは本当に世界の脅威なのか?(シーア派=「イラン化したイスラム」
革命の輸出
たかがバーレーン
脅威論も民族の「肥やし」に
ヒズボラ支援の真相
自爆テロ舞台の虚実
イラクをにらむ
「大いらん」への野望
核エネルビーか、核兵器か
格開発の理由
不透明な政治システム
格武装への野望ありや?
「嘘は方便」はイランの常識
解決への秘策)
第4章 嗚鳴アメリカよ、もう一度...(テヘランのコカ・コーラ
実は、中東一の親米派?
アメリカ悪行博物館
大使館占拠人質事件
反米の原点
悲劇の主人公
アメリカともう一度やり直したい
「悪魔も態度を改めれば悪魔ではない」
屈折した愛情)
第5章 イランが抱える爆弾(イスラム体制の「危険因子」
「次期最高指導者」失脚の真相
最大のタブー
イランのアラブ人
クルド人とスンニ派)
続きを見る

所蔵情報


理系図2F 文庫新書 031112010002608 新潮新書//384 2010

書誌詳細

別書名 異なりアクセスタイトル:イランはこれからどうなるのか : イスラム大国の真実
著者標目 春日, 孝之(1961-) <カスガ, タカユキ>
件 名 BSH:イラン
分 類 NDC8:302.263
NDC9:302.272
書誌ID 1001429980
ISBN 9784106103841
NCID BB0326540X
巻冊次 ISBN:9784106103841 ; PRICE:740円+税
登録日 2010.09.24
更新日 2010.09.24

類似資料

この資料を借りた人はこんな資料も借りています