このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:15回

  • 貸出数:15回
    (1年以内の貸出数:8回)

<図書>
将軍権力の発見
ショウグン ケンリョク ノ ハッケン

責任表示 本郷恵子著
シリーズ 講談社選書メチエ ; 468 . 選書日本中世史 ; 3
データ種別 図書
出版者 東京 : 講談社
出版年 2010.9
本文言語 日本語
大きさ 242p : 挿図 ; 19cm
概要 室町幕府にできて、鎌倉幕府にはできなかったこと。それは、「太平の世」前夜の、動乱の続く地方に対して中央政権として安定的に君臨することである。そのために室町幕府が考え出した統治構造とは?自明のものとされてきた将軍の主従性的支配権に一石を投じ、天皇・公家の持つ力の本質を検証することで、明らかになった将軍権力とは、いったいどんなものだったのか?「わかりにくい中世をどうわかりやすくするか」の大問題に真っ向...ら挑む、刺激に満ちた一冊。続きを見る
目次 第1章 鎌倉幕府の権力構造
第2章 室町幕府の二頭政治
第3章 「文書」と権力
第4章 細川頼之の統治構想
第5章 禅宗と室町幕府
第6章 公家政権の「継承する力」
第7章 公家と武家

所蔵情報


中央図 4Wa_10‐21 [新書] 032112010016903 081.6/Ko 19/(468) 2010

書誌詳細

一般注記 参考文献: p230-232
索引: p239-242
著者標目 本郷, 恵子(1960-) <ホンゴウ, ケイコ>
件 名 BSH:日本 -- 歴史 -- 中世  全ての件名で検索
分 類 NDC9:210.4
書誌ID 1001429501
ISBN 9784062584692
NCID BB0317843X
巻冊次 ISBN:9784062584692 ; PRICE:1500円+税
登録日 2010.09.14
更新日 2010.09.14

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています