このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:93回

  • 貸出数:15回
    (1年以内の貸出数:1回)

<図書>
ことばと身体 : 「言語の手前」の人類学
コトバ ト シンタイ : ゲンゴ ノ テマエ ノ ジンルイガク

責任表示 菅原和孝著
シリーズ 講談社選書メチエ ; 480
データ種別 図書
出版者 東京 : 講談社
出版年 2010.9
本文言語 日本語
大きさ 277p : 挿図 ; 19cm
概要 わたしたちが会話をしているとき、そこではことばだけが交わされているのではない。どんなに些細な、他愛のないおしゃべりであっても、自分の体にさわったり、身ぶりをしたり、ごく短い間があったり、ときには何かを演じたり、身体まるごとつかったコミュニケーションが繰りひろげられている。ブッシュマンの家族、日本の大学生、民俗芸能という多様な会話の現場を、徹底的にミクロに観察することで、コミュニケーションとは何か、...会とは何かという大いなる問いに挑む。現象学、社会システム理論、言語行為論などを参照しながら、徹底的に「身体」に根ざして考える“唯身論”人類学の試み。続きを見る
目次 序章 言語の手前からの出発
第1章 グイの父子像—あたりまえのことを記述する
第2章 自分にさわりながら話す—日常会話における自己接触
第3章 身体による相互行為への投錨—会話テキストはいかにわからないか
第4章 民俗芸能における身体資源の伝承—西浦田楽の練習場面から
第5章 相互行為から社会へ—「会話の人類学」再訪
終章 唯身論の人類学へ向けて

所蔵情報


中央図 4A 010112012012226 389/Su 28 2010

中央図 4Wa_10‐21 [新書] 032112010016927 081.6/Ko 19/(480) 2010

書誌詳細

別書名 異なりアクセスタイトル:ことばと身体 : 言語の手前の人類学
著者標目 菅原, 和孝(1949-) <スガワラ, カズヨシ>
件 名 BSH:文化人類学
BSH:ボディランゲージ
NDLSH:コミュニケーション
分 類 NDC8:389
NDC9:389
NDLC:G121
書誌ID 1001429468
ISBN 9784062584814
NCID BB03179035
巻冊次 ISBN:9784062584814 ; PRICE:1700円 (税別)
NBN JP21821133
登録日 2010.09.14
更新日 2012.11.22

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています