このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:10回

  • 貸出数:0回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
ギリシア文明とはなにか
ギリシア ブンメイ トハ ナニカ

責任表示 手嶋兼輔著
シリーズ 講談社選書メチエ ; 478
データ種別 図書
出版者 東京 : 講談社
出版年 2010.8
本文言語 日本語
大きさ 249p : 挿図, 地図 ; 19cm
概要 地中海世界は「東」と「西」に分かれている。ギリシア文明は、エジプト・ペルシアなどオリエント「先進国」のはざまのローカルな「東地中海文明」だった。その小さなギリシアが歴史の僥倖によりオリエントを征服し、西洋文明の源泉となる。「自由」と「海」の小さな文明が歴史に残した偉大な足跡を辿る。
目次 序章 地中海の古代—ペルシア戦争前
第1章 ギリシア対エジプト・ペルシア(エジプト・ギリシア
ペルシア戦争
内戦
クセノポン
傭兵)
第2章 アレクサンドロス(ギリシア統一
オピス演説
富と文明
跪拝礼
弟子と師)
第3章 ギリシア対ローマ(東地中海文化圏
カトー
ポリュビオス
「新」「旧」ギリシア
ユダヤ・ローマ・ギリシア)
終章 生き残る文化圏—西と東のローマ
続きを見る

所蔵情報


中央図 4Wa_10‐21 [新書] 032112010013603 081.6/Ko 19/(478) 2010

書誌詳細

一般注記 参考文献: p236-241
関連年表: p242-249
著者標目 手嶋, 兼輔(1946-) <テジマ, ケンスケ>
書誌ID 1001427599
ISBN 9784062584791
NCID BB02900819
巻冊次 ISBN:9784062584791 ; PRICE:1600円+税
登録日 2010.08.20
更新日 2010.08.20