このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:25回

  • 貸出数:0回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
醜の美学
シュウ ノ ビガク

責任表示 カール・ローゼンクランツ著 ; 鈴木芳子訳・解説
データ種別 図書
出版者 東京 : 未知谷
出版年 2007.2
本文言語 日本語
大きさ 404p : 挿図 ; 20cm
概要 都市化、工業化による急激な社会変革、プロレタリアートの台頭、あらゆる社会問題の醜は芸術にも浸透し、真・善・美の統一的美的価値観は危殆に瀕す。「醜」の美学的是認の機は熟した!カント、ヘーゲル、レッシング、ゲーテ、ハイネ、シェイクスピア、ヴォルテール、ラファエロ、ブリューゲル、カローetc.建築、彫刻、絵画、詩文学、演劇...自然界からギリシア神話、あらゆる芸術ジャンルを厖大な資料のもと古今にわたって...証し美学のなかの「醜」という新たなパラダイムを提示する。1853年、美学の革新的テーマ「醜」に真正面から取り組み後世に多大な影響を及ぼした。閉塞的な現代に生きる我々にいかにして美を見出すことができるかを問う、美学の古典的名著、待望の翻訳。続きを見る
目次 導入
第1章 形の定まらないもの(無定形
アシメトリー
不調和)
第2章 不正確(不正確一般
特殊様式における不正確
個々の芸術における不正確)
第3章 歪曲もしくはゆがみ(卑俗なもの
厭わしいもの
カリカチュア)
結び
続きを見る

所蔵情報


言文 独語 032112010012830 701.1/R 72 2007

書誌詳細

別書名 原タイトル:Ästhetik des Häßlichen
奥付タイトル:醜 (しゅう) の美学
一般注記 主要参考文献: p396
主要人名索引: p397-404
著者標目 Rosenkranz, Karl, 1805-1879
鈴木, 芳子(1957-) <スズキ, ヨシコ>
件 名 BSH:美学
分 類 NDC8:701.1
NDC9:701.1
書誌ID 1001427098
ISBN 9784896421811
NCID BA80818696
巻冊次 ISBN:9784896421811 ; PRICE:4000円+税
登録日 2010.08.11
更新日 2010.08.11

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています