このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:14回

  • 貸出数:39回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
MLA連携の現状・課題・将来
MLA レンケイ ノ ゲンジョウ・カダイ・ショウライ

責任表示 水谷長志編著
データ種別 図書
出版者 東京 : 勉誠出版
出版年 2010.6
本文言語 日本語
大きさ v, 296p : 挿図, 肖像 ; 22cm
概要 欧州デジタル図書館Europeanaの誕生、ドイツデジタル図書館DDB構想、カナダ国立図書館・公文書館LACの発足...日本はこの国の体制のなかで、どのようにMLA連携を築いていくのか。
目次 第1部 日本におけるMLA連携の現状と課題(MLA「連携」のために—15年の歳月を踏まえて
大学図書館からのMLA連携の視点—インターネット時代のMLA連携の構造
国立国会図書館におけるデジタル事業と他機関連携への取組み
国立公文書館におけるデジタルアーカイブ化の推進と情報連携の取組み等に関して
博物館の情報環境とMLA連携
MLA定形の動向とこの連携を捉える3つの視点—日本の現状と課題
“連携”へ向けて—MLAの現場から)
第2部 日本のアート・ドキュメンテーション(東京国立博物館収蔵品管理システム開発の経験から
コレクションデータベースから文化財アーカイブズへ—奈良国立博物館における情報資源構築の実践から
東京文化財研究所『日本美術年鑑』とデジタルアーカイブ
国立西洋美術館の情報戦略—所蔵作品データベースを中心に
衣文化情報拠点としての「服装・身装文化データベースの構築」
文化財情報発信の実際
演劇寂物菅におけるデータベース構築—上演記録を軸とした演劇資料のドキュメンテーション
アート・アーカイヴの実践—慶應義塾大学アート・センター
美術館図書室と美術館図書館連絡会(ALC))
付録
続きを見る

所蔵情報


中央図 4A 010112010010081 018.7/Mi 97 2010

理系図1F 開架 032112010013425 018.7/Mi 97 2010

書誌詳細

別書名 異なりアクセスタイトル:MLA連携の現状・課題・将来 : Museum library archives
異なりアクセスタイトル:MLA連携の現状課題将来
一般注記 MLA連携関連年表: p247-276
文献あり
著者標目 水谷, 長志(1957-) <ミズタニ, タケシ>
件 名 BSH:美術図書館
BSH:美術館
BSH:博物館
BSH:公文書館
BSH:ドキュメンテーション
BSH:図書館協力
分 類 NDC9:018.7
NDC9:015.7
書誌ID 1001426047
ISBN 9784585200024
NCID BB02212940
巻冊次 ISBN:9784585200024 ; PRICE:3500円+税
登録日 2010.07.27
更新日 2010.08.19

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています