このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:13回

  • 貸出数:1回
    (1年以内の貸出数:1回)

<図書>
危険不可視社会
キケン フカシ シャカイ

責任表示 畑村洋太郎著
データ種別 図書
出版者 東京 : 講談社
出版年 2010.4
本文言語 日本語
大きさ 223p ; 20cm
概要 トヨタのリコール、続くエレベータ・エスカレータ事故、絶滅する遊具...。これらに共通する日本の問題。危険学から社会を見る。
目次 序 危険を可視化するということ
第1章 制御安全の落とし穴
第2章 制御システムの暴走
第3章 「つくる側」と「使う側」の間
第4章 人も凶器
第5章 原発が信用されない理由
第6章 子どもから危険を奪う社会
第7章 規制・基準で安全は担保されるのか
第8章 安全社会の危険

所蔵情報


芸工2階 050112010004404 509.8/H41 2010

書誌詳細

著者標目 畑村, 洋太郎(1941-) <ハタムラ, ヨウタロウ>
件 名 BSH:安全管理
BSH:事故
分 類 NDC8:519.9
NDC9:519.9
書誌ID 1001425117
ISBN 9784062161534
NCID BB01723886
巻冊次 ISBN:9784062161534 ; PRICE:1500円(税別)
登録日 2010.07.13
更新日 2010.07.13

類似資料

この資料を借りた人はこんな資料も借りています