このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:28回

  • 貸出数:3回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
戦後と高度成長の終焉
センゴ ト コウド セイチョウ ノ シュウエン

責任表示 河野康子[著]
シリーズ 講談社学術文庫 ; [1924] . 日本の歴史 ; 24
データ種別 図書
出版者 東京 : 講談社
出版年 2010.6
本文言語 日本語
大きさ 397p : 挿図 ; 15cm
概要 戦後とはどのような時代だったのだろうか。敗戦、占領政治、そして新憲法が制定され、日本は平和と民主主義を旗印に復興への道を歩み始める。東西冷戦、朝鮮戦争、ベルリンの壁崩壊と激しく変わる国際社会。講和、日米安保、五五年体制の自社両党の攻防とその終焉、高度経済成長とバブルの崩壊。政党政治を軸に内政・外交に揺れた戦後の日本を追う。
目次 第1章 復興期の政党政治—一九四五年〜一九四九年(戦後体制への始動
「民主化」への時代認識
保守連立の出発
中道連立の経験
自由党の軌跡—結党から一九四九年総選挙まで)
第2章 国際環境のなかの講和と安保—一九四九年〜一九五五年(講和論争と政党再編
講和構想の変転と二国間安全保障条約
占領政策の転換
交渉の成果と限界—サンフランシスコ講和条約の成立
五五年体制への道—社会党統一と保守合同)
第3章 変貌する戦後—一九五五年〜一九七二年(保守合同の成果
外交の調整と自民党政治—日ソ国交回復と安保改定
高度経済成長と開放体制への移行
二党制の苦悩と多党化現象
日米協調と地域外交)
第4章 政党再編への胎動—一九七二年〜一九九三年(列島改造から財政再建へ
国際経済秩序の変動と日本外交
労働再編と社会党
五五年体制の終焉)
終章 連立政権とその行方
続きを見る

所蔵情報


中央図 4Wa_10‐21 [新書] 032112010008084 学術文庫 2010

書誌詳細

一般注記 年表: p344-372
参考文献: p373-385
索引: p386-397
著者標目 河野, 康子(1946-) <コウノ, ヤスコ>
件 名 BSH:日本 -- 歴史  全ての件名で検索
BSH:日本 -- 歴史 -- 昭和時代(1945年以後)  全ての件名で検索
NDLSH:日本 -- 歴史 -- 1945-  全ての件名で検索
NDLSH:日本 -- 歴史 -- 平成時代  全ての件名で検索
分 類 NDC8:210.1
NDC9:210.1
NDC9:210.5
NDC9:210.7
書誌ID 1001423277
ISBN 9784062919241
NCID BB02272603
巻冊次 ISBN:9784062919241 ; PRICE:1200円
登録日 2010.06.17
更新日 2010.06.17

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています