このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:10回

  • 貸出数:3回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
甦るリヴァイアサン
ヨミガエル リヴァイアサン

責任表示 梅田百合香著
シリーズ 講談社選書メチエ ; 473
データ種別 図書
出版者 東京 : 講談社
出版年 2010.6
本文言語 日本語
大きさ 258p : 挿図, 肖像 ; 19cm
概要 現代世界は「万人の万人に対する闘争状態」か?「国家権力」は「悪」なのか?悪名高きホッブズのテーゼの真意を原典に即して解明し、アレント・ネオコン・ネグリ=ハートの思想と対峙させながら、近代政治哲学を切り開いた古典を「希望の書」として読み直す。
目次 第1部 ホッブズの近代性とその意義(世界観の転換—ピューリタン革命と「神の王国」論
社会契約論—自然法と自然権
軍事論—戦争拒否の自由と国家防衛義務
国際関係論—自然法と諸国民の法)
第2部 ホッブズと近代批判者(ホッブズとアレント—必然と自由、義務と愛
ホッブズとレオ・シュトラウス—政治哲学と道徳的基礎
ホッブズとネグリ=ハート—国民国家と“帝国”
ホッブズと希望—ホッブズ思想の可能性)

所蔵情報


中央図 4Wa_10‐21 [新書] 032112010007827 081.6/Ko 19/(473) 2010

書誌詳細

一般注記 参考文献: p204-243
索引: p251-258
著者標目 梅田, 百合香(1968-) <ウメダ, ユリカ>
書誌ID 1001423203
ISBN 9784062584739
NCID BB02264092
巻冊次 ISBN:9784062584739 ; PRICE:1600円+税
登録日 2010.06.16
更新日 2010.06.16