このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:30回

  • 貸出数:8回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
近代日本の戦争と宗教
キンダイ ニホン ノ センソウ トシュウキョウ

責任表示 小川原正道著
シリーズ 講談社選書メチエ ; 474
データ種別 図書
出版者 東京 : 講談社
出版年 2010.6
本文言語 日本語
大きさ 222p ; 19cm
概要 戊辰戦争によって新たな政権が誕生してから、日清戦争・日露戦争の勝利によって対外的な地位を向上させるまで、明治国家のあゆみには、戦争がともなっていた。そうした戦いのなか、神社界、仏教界、キリスト教界は、いかなる反応をみせたのか。従軍布教や軍資金の提供といった積極的な協力姿勢から、反戦論・非戦論をはじめとする、消極的姿勢—、その実態を描く。
目次 第1章 戊辰戦争と宗教—権力交代劇の狭間で(戦争と本願寺
神職たちの戦争と天皇の祈り
徳川家菩提寺のゆくえ)
第2章 台湾出兵—初めての海外派兵と軍資献納(初の海外派兵と大教院
出兵と神宮・出雲大社
その他の神社界の動向と外交交渉の妥協
凱旋と教導職賀章上呈)
第3章 西南戦争—日本最期の内戦の中で(教部省の廃止と戦争の勃発
戦争下における真宗
戦争下における神社
真宗解禁の意義とその後の田中直哉)
第4章 日清戦争—アジアの大国との決戦と軍事支援(戦争の勃発と仏教界の協力
キリスト教界の協力と戦争観
神道界の動き
「従軍」から「開教」へ)
第5章 日露戦争—列強との対決と「団結」(ロシア正教迫害問題の発生と正教側の対応
ロシア正教問題に対する政府・宗教界・軍の対応
日本軍の展開と従軍布教
キリスト教界と非戦の声)
続きを見る

所蔵情報


中央図 4Wa_10‐21 [新書] 032112010007830 081.6/Ko 19/(474) 2010

書誌詳細

一般注記 参考文献: p194-222
著者標目 小川原, 正道(1976-) <オガワラ, マサミチ>
書誌ID 1001423167
ISBN 9784062584746
NCID BB0226430X
巻冊次 ISBN:9784062584746 ; PRICE:1500円+税
登録日 2010.06.16
更新日 2010.06.16

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています