このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:4回

  • 貸出数:5回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
少年事件の実務と法理 : 実務「現代」刑事法
ショウネン ジケン ノ ジツム ト ホウリ : ジツム ゲンダイ ケイジホウ

責任表示 植村立郎著
データ種別 図書
出版者 東京 : 判例タイムズ社
出版年 2010.4
本文言語 日本語
大きさ xvi, 421p ; 21cm
概要 豊富な実務経験をもとに著した30年間にわたる論考を集約。350判例を詳細に検討して少年事件の裁判実務に指針を示す。
目次 第1編 総説—事実認定能力及び法的思考能力の涵養について(事実認定能力と法的思考能力の相互関係
事実認定能力の涵養
法的思考能力の涵養)
第2編 少年法(抗告審から見た少年事件の現状と課題
「処分の著しい不当」に関する一考察
少年抗告事件における「処分の著しい不当」
裁判例に見る少年法32条の4所定の抗告受理の申立てについて
拘留を必要とする「やむを得ない場合」
少年刑事被告事件における刑罰法規の問題状況に関する若干の考察—少年法55条決定に関する部分的な考察も含めて
少年法37条の削除について)

所蔵情報


中央図 4C_1‐135 [法] 024112010002892 Sj 00/U/49 2010

法科院(Law School) 024112010005036 Sj 00/U/17 2010

書誌詳細

著者標目 植村, 立郎 <ウエムラ, タツロウ>
件 名 BSH:少年犯罪
BSH:少年審判
分 類 NDC8:327.8
NDC9:327.8
書誌ID 1001421584
ISBN 9784891861667
NCID BB01992447
巻冊次 ISBN:9784891861667 ; PRICE:4762円+税
登録日 2010.05.27
更新日 2010.05.27

類似資料

この資料を借りた人はこんな資料も借りています