このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:8回

  • 貸出数:4回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
エゴン・シーレ : 傷を負ったナルシス
エゴン・シーレ : キズ オ オッタ ナルシス

責任表示 ジャン=ルイ・ガイユマン著 ; 遠藤ゆかり訳
シリーズ 「知の再発見」双書 ; 147
データ種別 図書
出版者 大阪 : 創元社
出版年 2010.5
本文言語 日本語
大きさ 158p : 挿図 ; 18cm
概要 20世紀初頭のウィーンで活躍し、年長の友人クリムトと共に、つねに現代絵画の旗手として位置づけられるエゴン・シーレ。その先進性・前衛性は、クリムトをはるかに凌駕している。わずか28歳で死去した天才芸術家の全貌を紹介する。
目次 第1章 美しく青きドナウ川のほとりで
第2章 ぼく、ぼく、ぼく
第3章 楽園から牢獄へ
第4章 復活
第5章 名声の獲得と若すぎる死
資料篇—傷を負ったナルシス

所蔵情報


芸工3階 050112010001030 080/C41/147 2010

書誌詳細

別書名 原タイトル:Egon schiele narcisse écorché
一般注記 監修: 千足伸行
エゴン・シーレ略年譜: p150
参考文献: p158
著者標目 Gaillemin, Jean-Louis
遠藤, ゆかり(1971-) <エンドウ, ユカリ>
書誌ID 1001421097
ISBN 9784422212074
NCID BB01966050
巻冊次 ISBN:9784422212074
登録日 2010.05.21
更新日 2010.05.21