このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:14回

  • 貸出数:3回
    (1年以内の貸出数:1回)

<図書>
台湾ナショナリズム : 東アジア近代のアポリア
タイワン ナショナリズム : ヒガシアジア キンダイ ノ アポリア

責任表示 丸川哲史著
シリーズ 講談社選書メチエ ; 472
データ種別 図書
出版者 東京 : 講談社
出版年 2010.5
本文言語 日本語
大きさ 222p : 挿図, 地図, 肖像 ; 19cm
概要 親日か反日か。統一か独立か。しばしば二項対立で語られがちな台湾ナショナリズムは、日本と大陸中国、冷戦期とポスト冷戦期、米国のプレゼンスの低下と中国の台頭など、長期的かつ複数の視座で整理すると今なお続く東アジア近代のアポリア(難題)として見えてくる。日本人にとって重要な歴史経験でもある「台湾問題」を、詳細に読み直す。
目次 序章 なぜ「台湾ナショナリズム」を考えるのか
第1章 日本が見た台湾(近代日本の膨張主義と台湾
日本近代の進展と植民地台湾の「発展」
戦後日本と台湾の関係
植民地まだニズムというアポリア)
第2章 大陸中国が見た台湾(中国革命と戦前台湾
抗日戦争・内戦と国民党政権の移転
大陸中国の経済成長と台湾内部の変容
中国ナショナリズムが見た台湾)
第3章 東アジア冷戦—ポスト冷戦が見た台湾(台湾理解への鍵
脱冷戦への胎動
東アジア冷戦構造の変容)
第4章 東アジア近代が見た台湾(前近代中国が見た台湾
国民国家、帝国植民地主義、グローバリゼーション
アジア的思考を媒介として
東アジア近代のアポリアとしての台湾)
続きを見る

所蔵情報


中央図 4Wa_10‐21 [新書] 032112010001762 081.6/Ko 19/(472) 2010

書誌詳細

一般注記 参考文献: p217-219
索引: p220-222
著者標目 丸川, 哲史(1963-) <マルカワ, テツシ>
件 名 BSH:台湾 -- 対外関係 -- アジア(東部) -- 歴史  全ての件名で検索
BSH:ナショナリズム
分 類 NDC8:319.22402
NDC9:319.22402
書誌ID 1001420421
ISBN 9784062584722
NCID BB01891086
巻冊次 ISBN:9784062584722 ; PRICE:1500円+税
登録日 2010.05.12
更新日 2010.06.16

類似資料

この資料を借りた人はこんな資料も借りています