このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:10回

  • 貸出数:11回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
社会的経験と人間の科学
シャカイテキ ケイケン ト ニンゲン ノ カガク

責任表示 酒井泰斗 [ほか] 編
シリーズ 概念分析の社会学 ; [1]
データ種別 図書
出版者 京都 : ナカニシヤ出版
出版年 2009.4
本文言語 日本語
大きさ xi, 274p ; 22cm
概要 専門的知識と社会的経験。概念を介した両者の相互作用のなかに実践の論理を探る。
目次 類型から集団へ : 人種をめぐる社会と科学 / 浦野茂著
遺伝学的知識と病いの語り : メンバーシップ・カテゴリー化の実践 / 前田泰樹著
医療者の〈専門性〉と患者の〈経験〉 / 安藤太郎著
触法精神障害者の「責任」と「裁判を受ける権利」 : 裁判と処罰を望むのはだれなのか / 喜多加実代著
「被害」の経験と「自由」の概念のレリヴァンス / 小宮友根著
化粧と性別 : <素肌>を見る方法 / 上谷香陽著
優生学の作動形式 : 永井潜の言説について / 石井幸夫著
科学社会学における「社会」概念の変遷 / 中村和生著

所蔵情報


中央図 4A 010112012011453 361.04/Sa 29 2011

理系図1F 開架 058112009041714 361.04/Sa 29 2009

書誌詳細

別書名 標題紙タイトル:Eessays on human sciences and experiences in our daily lives
背表紙タイトル:概念分析の社会学:社会的経験と人間の科学
内容注記 類型から集団へ : 人種をめぐる社会と科学 / 浦野茂著
遺伝学的知識と病いの語り : メンバーシップ・カテゴリー化の実践 / 前田泰樹著
医療者の〈専門性〉と患者の〈経験〉 / 安藤太郎著
触法精神障害者の「責任」と「裁判を受ける権利」 : 裁判と処罰を望むのはだれなのか / 喜多加実代著
「被害」の経験と「自由」の概念のレリヴァンス / 小宮友根著
化粧と性別 : <素肌>を見る方法 / 上谷香陽著
優生学の作動形式 : 永井潜の言説について / 石井幸夫著
科学社会学における「社会」概念の変遷 / 中村和生著
一般注記 読書案内: 章末
引用参照文献: 各章末
その他の編者: 浦野茂, 前田泰樹, 中村和生
著者標目 酒井, 泰斗(1967-) <サカイ, タイト>
浦野, 茂(1967-) <ウラノ, シゲル>
前田, 泰樹 <マエダ, ヒロキ>
中村, 和生(1970-) <ナカムラ, カズオ>
件 名 BSH:社会学
NDLSH:エスノメソドロジー
分 類 NDC8:361.04
NDC9:361.04
NDLC:EC1
書誌ID 1001414175
ISBN 9784779503146
NCID BA89778091
巻冊次 ISBN:9784779503146 ; PRICE:2800円+税
NBN JP21605715
登録日 2010.02.18
更新日 2016.06.02

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています