このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:29回

  • 貸出数:17回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
13日間で「名文」を書けるようになる方法
13ニチカン デ メイブン オ カケル ヨウニ ナル ホウホウ

責任表示 高橋源一郎著
データ種別 図書
出版者 東京 : 朝日新聞出版
出版年 2009.9
本文言語 日本語
大きさ 396p ; 19cm
概要 ベストセラー『一億三千万人のための小説教室』をしのぐ二十一世紀の文章教室の決定版。伝説の名講義、ついに活字化。
目次 「名文」を書けるようになるための準備、それから「卑劣な男は叱りつけてやりなさい」というような素敵な文章を読んだ後は、とりあえず窓の外を眺めてみる、ということ
「自分らしい文章」を書く、ということ、それから、「感想文」は5点でもかまわない、ということ
まず「私」について書いてみること、でも、「私」についていろいろ考えてみることの方が「文章」を書くより、実は、大切なことなのだ、ということ
「私」はこの世にたったひとりだけど、でも、実はたったひとりではない、ともいえる、ということ
最初の課題は「自己紹介」、それから渋谷で、1本の、観客がほとんど入っていない映画を見た後で、「文章」というものについて考えてみる、ということ
「文章」には絶対引用できない特徴というものがあるということ、「人生」の長さと「文章」の長さについて、一度は真剣に考えてみるべきだ、ということ
「文章」というものは、いったいどこで書かれるべきなのか、世界の「外」なのか、世界の「中」なのか、それとも...
「自己紹介」は、自分を紹介するための「文章」なのに、自分を紹介しない方がずっといい、ということについて
「自己紹介」の「文章」にとって、「情報」は少なければ少ないほどいいのかもしれない、それがAV嬢の「履歴書」の場合でも、ということ
「ラヴレター」を書く、その前に、まず、ストリップで性器を前にした時には、社会にかけさせられたサングラスをはずして「見る」必要がある、ということ〔ほか〕

所蔵情報


理系図2F 開架 031112009004714 816/Ta 33 2009

芸工 研究室 050112010019305 816/Ta33 2009

書誌詳細

別書名 異なりアクセスタイトル:13日間で名文を書けるようになる方法
著者標目 高橋, 源一郎(1951-) <タカハシ, ゲンイチロウ>
件 名 BSH:文章
分 類 NDC8:816
NDC9:816
書誌ID 1001414100
ISBN 9784022506337
NCID BA9151384X
巻冊次 ISBN:9784022506337 ; PRICE:1800円+税
登録日 2010.02.17
更新日 2010.02.17

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています