このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:10回

  • 貸出数:4回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
言葉は社会を動かすか
コトバ ワ シャカイ オ ウゴカスカ

責任表示 松永澄夫編
データ種別 図書
出版者 東京 : 東信堂
出版年 2009.12
本文言語 日本語
大きさ vii, 290p : 挿図 ; 19cm
概要 言葉は社会にどう働きかけ、社会をどのように変えてゆくのか—こうした社会に作用する言葉の力の結節点として、社会運動、PC、テレビ、法律制定、民主政治等のトピックを通じて、社会的場における言葉の働き方を具体的に追求・解明するとともに、言葉・個人・社会間の相互関係・作用を多角的に分析・考察する。
目次 時代を表現する言葉と社会の変化
言葉の運動としての社会運動
言葉の力への信仰と絶望—ポリティカル・コレクトネス問題に即して
「テレビの言葉」—報道の現場で“踊る”言葉たち
法律における「言葉」—立案作業の現場から
民主政治と日本語
言葉が人を動かすのか

所蔵情報


中央図 4A 032112011015561 801.03/Ma 83 2009

中央図 1A 058112009038466 801.03/Ma 83 2009

書誌詳細

一般注記 参考文献: p82-83
著者標目 松永, 澄夫(1947-) <マツナガ, スミオ>
件 名 BSH:言語社会学
分 類 NDC8:801.03
NDC9:801.03
書誌ID 1001413865
ISBN 9784887139534
NCID BB00562646
巻冊次 ISBN:9784887139534 ; PRICE:2300円+税
登録日 2010.02.16
更新日 2011.09.20

類似資料

この資料を借りた人はこんな資料も借りています