このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:6回

  • 貸出数:0回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
からだとこころ : 身体性の臨床心理
カラダ ト ココロ : シンタイセイ ノ リンショウ シンリ

責任表示 成瀬悟策著
シリーズ 日本の心理臨床 ; 3
データ種別 図書
出版者 東京 : 誠信書房
出版年 2009.7
本文言語 日本語
大きさ x, 292p ; 22cm
概要 こころの研究者はからだを扱わず、からだの研究者はこころを扱わず、既成の学問は両者の関係をないがしろにしてきた。これまでの豊富な心理臨床研究体験の集大成として、こころとからだの相互性についてオリジナルに解説する。
目次 第1章 緊張と緊張感(漸進弛緩法
居座り緊張
居座り緊張を弛める
緊張感イメージ)
第2章 こころとからだ(見ようとして‐見ると‐見える
こころとからだ—一元一体現象ということ
脳性マヒの子の腕が動くようになった
脳の病変があるのになぜ動くようになるのか
こころとからだを動かす主体活動
動作のプロセス)
第3章 からだが重たい・だるい・おっくう—緊張を弛める(動作法の受け容れまで
躯幹部の弛め
初回面接を終えて—第一日目に必要なこと
その後のこと
補足・参考)
第4章 肩周りへの対応(頚の傾斜
肩凝り
肩周り
四十肩・五十肩)
第5章 ボディー・ダイナミックス(ボディー・ダイナミックス
躯幹系の問題:腰痛
腰周り)
第6章 四肢への対応(原始反射運動と動作
手腕系
脚足系)
第7章 動作援助における体験の変化(体験治療論と動作援助
援助関係の変化
動作体験の変化
伴う体験の変化、自己体験の変化
生活体験の変化
治療体験・援助体験)
第8章 身体性(身体性の問題
体験の形成・発達
動作の不調、体験の不安定
不調・不安定な動作と体験への対応
援助者の心得)
続きを見る

所蔵情報


中央図 4C_1‐135 [法] 015112009018765 Zj 20/N/6 2009

書誌詳細

一般注記 文献・注: p283-285
著者標目 成瀬, 悟策(1924-) <ナルセ, ゴサク>
件 名 BSH:臨床心理学
BSH:心理療法
BSH:精神身体医学
NDLSH:動作法
分 類 NDC8:146
NDC9:146
NDC9:146.08
書誌ID 1001411151
ISBN 9784414413168
NCID BA90982153
巻冊次 ISBN:9784414413168 ; PRICE:3200円+税
登録日 2010.01.20
更新日 2010.01.20

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています