このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:60回

  • 貸出数:45回
    (1年以内の貸出数:1回)

<図書>
粒子法による力学 : 連続体シミュレーションへの展開
リュウシホウ ニ ヨル リキガク : レンゾクタイ シミュレーション エノ テンカイ

責任表示 W.G.Hoover著 ; 志田晃一郎訳
データ種別 図書
出版者 東京 : 森北出版
出版年 2008.12
本文言語 日本語
大きさ viii, 243p, 図版[8]p : 肖像 ; 22cm
概要 いま注目の数値計算法SPHを、連続体力学へと応用展開する粒子法「SPAM」について解説。豊富な図解と実例で、基礎から応用までわかりやすい。
目次 第1章 SPAMがよりどころとする物理概念
第2章 連続体力学
第3章 SPAM
第4章 コンピュータ・プログラミング
第5章 初期条件、境界条件、補間
第6章 収束と安定性
第7章 ルーシー流体と埋め込み原子流体
第8章 SPAMの限界と困難
第9章 固体への応用の実例
第10章 まとめ、文献、見通し

所蔵情報


理系図2F 開架 031112011003308 501.23/H 85 2009

筑紫図 067112009002217 501.23/H 96 2008

書誌詳細

別書名 原タイトル:Smooth particle applied mechanics
異なりアクセスタイトル:粒子法による力学 : 連続体シミュレーションへの展開
一般注記 参考文献: 各章末
ABC順の文献一覧: p235-239
著者標目 Hoover, William G. (William Graham), 1936-
志田, 晃一郎 <シダ, コウイチロウ>
件 名 BSH:流体力学
BSH:数値計算
分 類 NDC8:501.23
NDC9:501.23
書誌ID 1001409256
ISBN 9784627919310
NCID BA88207448
巻冊次 ISBN:9784627919310 ; PRICE:4800円+税
登録日 2009.12.24
更新日 2009.12.24

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています