このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:748回

  • 貸出数:57回
    (1年以内の貸出数:4回)

<図書>
群と表現
グン ト ヒョウゲン

責任表示 江沢洋, 島和久著
データ種別 図書
出版者 東京 : 岩波書店
出版年 2009.5
本文言語 日本語
大きさ x, 291p ; 22cm
概要 群は、理学や工学で対象の「対称性」を利用して取り扱いを簡略化するのに用いられてきた。結晶内部に電子の振舞いを記述する量子力学や素粒子論、一般相対性理論でも群論は大活躍する。対象の背後に潜む抽象的な構造から、それを具象化した表現論へと見通しよく解説する。群論の基礎から応用までが一望できる入門書。「岩波講座 応用数学」からの単行本化。
目次 第1章 群の構造
第2章 有限群の表現
第3章 位相構造
第4章 連続群
第5章 線形Lie群とLie代数
第6章 連続群の表現
第7章 ルートとウェイト

所蔵情報


理系図1F 開架 031112010005415 411.6/E 96 2009

理系図3F 数理独自 023112009000855 EZAW/10/5 2009

理系図1F指定 数理 031112010007725 411.6/E 96 2009

書誌詳細

一般注記 「岩波講座応用数学 9基礎8」(1994年刊)の改題改訂
参考書: p247-250
著者標目 *江沢, 洋(1932-) <エザワ, ヒロシ>
島, 和久(1934-) <シマ, カズヒサ>
件 名 BSH:群論
分 類 NDC8:411.6
NDC9:411.6
書誌ID 1001408197
ISBN 9784000052702
NCID BA90276691
巻冊次 ISBN:9784000052702
登録日 2009.12.14
更新日 2010.11.24

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています