このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:13回

  • 貸出数:1回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
ビザンツ文明 : キリスト教ローマ帝国の伝統と変容
ビザンツ ブンメイ : キリストキョウ ローマ テイコク ノ デントウ ト ヘンヨウ

責任表示 ベルナール・フリューザン著 ; 大月康弘訳
シリーズ 文庫クセジュ ; 937
データ種別 図書
出版者 東京 : 白水社
出版年 2009.7
本文言語 日本語
大きさ 153, xivp : 挿図 ; 18cm
概要 ビザンツ帝国は、ローマ帝国を引き継ぎ、キリスト教を国教として、一四五三年まで存続した。本書は、その首都コンスタンティノープルの建設から、帝国崩壊にいたるまでの一千年にわたるビザンツ文明の変容を解説。ヨーロッパ世界で受け継がれてきた理念と制度の源にせまる。
目次 第1章 皇帝、宮廷、儀礼
第2章 ビザンツのキリスト教化
第3章 コンスタンティノープルと属州—都市の時代から中世へ
第4章 聖堂と美術作品—ビザンツ芸術
第5章 ヘレニズム—言語、教育、文学
結論

所蔵情報


理系図1F 開架 058112009027870 209.4/F 35 2009

書誌詳細

別書名 原タイトル:La civilisation Byzantine
一般注記 参考文献: 巻末pxi-xii
邦語参考文献: 巻末pxiii-xiv
著者標目 Flusin, Bernard
大月, 康弘 <オオツキ, ヤスヒロ>
件 名 BSH:ビザンチン帝国
分 類 NDC8:209.4
NDC9:209.4
書誌ID 1001407724
ISBN 9784560509371
NCID BA90697893
巻冊次 ISBN:9784560509371 ; PRICE:1050円+税
登録日 2009.12.07
更新日 2009.12.07

類似資料