このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:11回

  • 貸出数:6回
    (1年以内の貸出数:1回)

<図書>
自由だけではなぜいけないのか : 経済学を考え直す
ジユウ ダケ デワ ナゼ イケナイノカ : ケイザイガク オ カンガエナオス

責任表示 荒井一博著
シリーズ 講談社選書メチエ ; 452
データ種別 図書
出版者 東京 : 講談社
出版年 2009.10
本文言語 日本語
大きさ 286p ; 19cm
概要 新自由主義は、なぜ経済の暴走を止められなかったのか。原因は野放図な自由の容認にあった。経済は人と人のつながりによって成立する。自由放任の経済は、人びとの絆と信頼を破壊し社会基盤を掘り崩す。いくつもの「フィクション」を積み重ね破綻した新自由主義=新古典派経済学の欺瞞と論理矛盾を暴き、あるべき経済の在り方を社会との関係に注目して論じる。
目次 新自由主義が日本を劣化させた
新古典派経済学パラダイムの構造と主張
個人の独立性という虚構
法化社会で自己利益を追求する個人という虚構
高能力を持つ合理的な個人という虚構
情報の非対称性
取引費用と契約の不完備性
業績は評価できるのか
ネットワークと社会関係資本
社会関係資本と人間の行動
良質な文化をいかにして形成するか
日本社会をいかに立て直すか
続きを見る

所蔵情報


中央図 4Wa_10‐21 [新書] 058112009020595 081.6/Ko 19/(452) 2009

書誌詳細

別書名 異なりアクセスタイトル:自由だけではなぜいけないのか
一般注記 参考文献: p270-278
著者標目 荒井, 一博 <アライ, カズヒロ>
件 名 BSH:新自由主義
分 類 NDC9:331
書誌ID 1001397701
ISBN 9784062584524
NCID BA91626187
巻冊次 ISBN:9784062584524 ; PRICE:1700円+税
登録日 2009.11.02
更新日 2009.11.02

類似資料

この資料を借りた人はこんな資料も借りています