このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:8回

  • 貸出数:1回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
方法としての子ども
ホウホウ ト シテノ コドモ

責任表示 小浜逸郎著
データ種別 図書
出版者 東京 : ポット出版
出版年 2006.2
本文言語 日本語
大きさ 303p ; 20cm
概要 子ども存在を通して見えてくる人間とは何か。エロス、労働、死という3つのキーワードから、子どもを大人との関係のなかにとらえていく本質的子ども論。
目次 第1章 絵本がさし示すもの
2章 子どもはどのように了解されているか—三冊の本から
第3章 エロス的存在としての人間
第4章 子ども期はどのように区分されるべきか
第5章 存在論的サンタクロース論
第6章 労働と子ども
第7章 養育の現象学

所蔵情報


教育 研究室 007112009000540 教育/12B/302 2006

書誌詳細

一般注記 筑摩書房1996年刊の復刊
著者標目 小浜, 逸郎(1947-) 著 <コハマ, イツオ>
件 名 BSH:児童
NDLSH:児童研究
分 類 NDC8:371.45
NDC9:371.45
NDLC:FA35
書誌ID 1001395411
ISBN 4939015831
NCID BA75963823
巻冊次 ISBN:4939015831 ; PRICE:2500円+税
NBN JP20983412
登録日 2009.11.02
更新日 2009.11.02

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています