このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:13回

  • 貸出数:0回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
「弱さ」と「抵抗」の近代国学 : 戦時下の柳田國男、保田與重郎、折口信夫
ヨワサ ト テイコウ ノ キンダイ コクガク : センジカ ノ ヤナギタ クニオ ヤスダ ヨジュウロウ オリクチ シノブ

責任表示 石川公彌子著
シリーズ 講談社選書メチエ ; 449
データ種別 図書
出版者 東京 : 講談社
出版年 2009.9
本文言語 日本語
大きさ 249p ; 19cm
概要 柳田國男、保田與重郎、折口信夫。国学の系譜につらなる三人の思想をあらためて検証し、戦時にあって彼らが見いだそうとした「可能性」のかたちに迫る力作—。ひとしく人間の“弱さ”の復権を期し、それぞれに「共同体」を志向した彼らの試みから見えてくるものとは。
目次 序章(国学の思想
沖縄論)
第1章 柳田國男の思想(郷土研究と国家
公民形成の学としての民俗学
国家と家郷
柳田と地方文化運動
『先祖の話』)
第2章 保田與重郎の思想(青春の復権と日本浪曼派の成立
言霊論
天皇論
思想の変容
国学論
イロニーと近代的自我の隘路)
第3章 折口信夫の思想(源氏物語と“弱さ”
まれびと論
「たをやめぶり」の尊重
天皇論
神道と国学論
神道普遍宗教化論
親密圏と近代国学)
終章(近代国学における親密圏の位相
近代国学の意義)
続きを見る

所蔵情報


中央図 4Wa_10‐21 [新書] 058112009017016 081.6/Ko 19/(449) 2009

書誌詳細

別書名 異なりアクセスタイトル:弱さと抵抗の近代国学 : 戦時下の柳田國男保田與重郎折口信夫
著者標目 石川, 公彌子 <イシカワ, クミコ>
件 名 NDLSH:柳田, 国男(1875-1962)
NDLSH:保田, 與重郎(1910-1981)
NDLSH:折口, 信夫(1887-1953)
BSH:国学
分 類 NDC8:121.6
NDC9:121.6
書誌ID 1001391866
ISBN 9784062584494
NCID BA91298146
巻冊次 ISBN:9784062584494 ; PRICE:1600円+税
登録日 2009.11.02
更新日 2009.11.02

類似資料