このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:5回

  • 貸出数:8回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
IPCC地球温暖化第四次レポート : 気候変動2007
IPCC チキュウ オンダンカ ダイ4ジ レポート : キコウ ヘンドウ 2007

責任表示 IPCC(気候変動に関する政府間パネル)編 ; 文部科学省 [ほか] 翻訳
データ種別 図書
出版者 東京 : 中央法規出版
出版年 2009.8
本文言語 日本語
大きさ v, 288p ; 30cm
概要 地球温暖化に関する科学的知見をまとめた最新のIPCC評価報告書。温暖化は疑う余地がなく、20世紀半ば以降の平均気温上昇のほとんどは人為起源の可能性が非常に高いことを明らかにし、社会経済にもたらす影響とそれに対する適応策・緩和策を示す。その「統合報告書」の政策決定者向け要約、「第1〜第3作業部会報告書」各々の政策決定者向け要約及び技術要約の日本語訳を1冊に。温暖化対策を進める上で必須の基礎資料。
目次 統合報告書(気候変動2007:統合報告書 政策決定者向け要約)
第1作業部会報告書(自然科学的根拠)(気候変動に関する政府間パネル 第4次評価報告書第1作業部会の報告政策決定者向け要約
気候変動に関する政府間パネル 第1作業部会により受諾された報告書(但し、詳細は未承認)技術要約)
第2作業部会報告書(影響・適応・脆弱性)(気候変動に関する政府間パネル 第4次評価報告書に対する第2作業部会の報告政策決定者向け要約
気候変動に関する政府間パネル 第2作業部会により受諾された報告書(但し、詳細は未承認)技術要約)
第3作業部会報告書(気候変動の緩和)(気候変動に関する政府間パネル 第4次評価報告書に対する第3作業部会の報告政策決定者向け要約
気候変動に関する政府間パネル 第4次評価報告書に対する第3作業部会の報告技術要約
解説 IPCC第四次評価報告書について)

所蔵情報


理系図1F 開架 003112009011120 451.85/I 62 2009

経 研究室 017112009007384 451.85/I 62/20090738 2009

書誌詳細

別書名 原タイトル:Climate change 2007 : the fourth assessment report of the IPCC
一般注記 その他の翻訳者: 経済産業省, 気象庁, 環境省
著者標目 Intergovernmental Panel on Climate Change
文部科学省 <モンブ カガクショウ>
経済産業省 <ケイザイ サンギョウショウ>
気象庁 <キショウチョウ>
環境省 <カンキョウショウ>
件 名 BSH:地球温暖化
BSH:温室効果
BSH:環境問題
分 類 NDC9:451.85
書誌ID 1001390823
ISBN 9784805848937
NCID BA91013086
巻冊次 ISBN:9784805848937 ; PRICE:7000円+税
登録日 2009.11.02
更新日 2010.02.17

類似資料

この資料を借りた人はこんな資料も借りています