このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:15回

  • 貸出数:18回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
「使い捨てられる若者たち」は格差社会の象徴か : 低賃金で働き続ける若者たちの学力と構造
ツカイステラレル ワカモノ タチ ワ カクサ シャカイ ノ ショウチョウ カ : テイチンギン デ ハタラキツズケル ワカモノ タチ ノ ガクリョク ト コウゾウ

責任表示 原清治, 山内乾史著
データ種別 図書
出版者 京都 : ミネルヴァ書房
出版年 2009.5
本文言語 日本語
大きさ vi, 226, 19p : 挿図 ; 19cm
概要 ニート、フリーター、ワーキングプア...誰が、なぜ、そうなってしまうのか。本書では、企業側、採用側から若年就労の問題を扱うのではなく、求職者側からこの問題に切り込む。
目次 第1部 格差社会における教育の読み方(日本にはどのくらいフリーターやニートがいるのか
なぜフリーターやニートは「使い捨てられる」のか
学力問題と「使い捨てられる若者たち」との関係
1960年代生まれは偉かったのか—共通一次試験とパンク・ロック
学力と教育
海外にもいる「使い捨てられる若者たち」
「使い捨てられる若者たち」は格差社会の象徴か)
第2部 格差社会における教育の行方(日本版「使い捨てられる若者たち」
イギリスにおける若年就労)

所蔵情報


中央図 4A 003112009008582 371.3/H 31 2009

書誌詳細

別書名 異なりアクセスタイトル:使い捨てられる若者たちは格差社会の象徴か : 低賃金で働き続ける若者たちの学力と構造
異なりアクセスタイトル:学力論争とはなんだったのか
一般注記 「学力論争とはなんだったのか」(ミネルヴァ書房、2005年)の続編
主要文献リスト: 巻末p6-19
おすすめの重要文献短評: 巻末p1-5
著者標目 原, 清治 <ハラ, キヨハル>
山内, 乾史(1963-) <ヤマノウチ, ケンシ>
件 名 BSH:教育と社会
BSH:社会階層
NDLSH:学力
NDLSH:青年 -- 雇用 -- 日本  全ての件名で検索
分 類 NDC8:371.3
NDC9:371.3
書誌ID 1001388706
ISBN 9784623054626
NCID BA89949558
巻冊次 ISBN:9784623054626 ; PRICE:1800円+税
登録日 2009.11.02
更新日 2009.11.02

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています