このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:8回

  • 貸出数:13回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
死んだ金魚をトイレに流すな
シンダ キンギョ オ トイレ ニ ナガスナ

責任表示 近藤卓著
シリーズ 集英社新書 ; 0480E
データ種別 図書
出版者 東京 : 集英社
出版年 2009.2
本文言語 日本語
大きさ 197p ; 18cm
概要 いじめによる自殺は後を絶たず、連鎖したかのように起こる無差別殺人...。現代では「いのち」があまりに軽くあつかわれている。人はなぜいのちの重みを実感することができなくなってしまったのか。実は人間は多くの場合、死への恐怖や生きることの孤独を感じる時期を一〇〜一二歳の頃に迎え、その時期の乗り越えかたによって生き方が大きく変わってくる。死んだ金魚を何も考えずに子どもの目の前でトイレに流すような親の行為が...のちを軽視する風潮につながっているのである。長らくスクールカウンセラーとして子どもたちに向き合ってきた筆者による独自の「いのちの教育」の真髄を紹介する。続きを見る
目次 第1章 なぜ子どもたちは死に急ぐのか(いのちを軽くあつかう子どもたち
いのちの重さは同じではない ほか)
第2章 「いのちの体験」が子どもに生きる意味を教える(金魚が死んだらどうするか
「金魚の墓」に驚く北米人 ほか)
第3章 自尊感情があれば、自分も人も殺せない(「共有体験」が自尊感情を育てる
偏差値の高い子ほど「自信」がない ほか)
第4章 私が人を殺せない理由(意識の底にあること
児童に殴られ続けたH先生 ほか)
第5章 「私は何より大切な存在」そう思える子どもの自尊感情をどう育てるか(自尊感情の基盤は、乳幼児のときの「愛の共有体験」から育まれる
物言わぬ生き物の気持ちを親が代弁して、子どもの想像する力を引き出そう ほか)

所蔵情報


理系図1F 開架 058112009015505 370.4/Ko 73 2009

書誌詳細

別書名 表紙タイトル:死んだ金魚をトイレに流すな : 「いのちの体験」の共有
一般注記 参考資料: p192-197
著者標目 近藤, 卓(1948-) <コンドウ, タク>
件 名 BSH:教育
BSH:生命
BSH:生と死
分 類 NDC8:370.4
NDC9:370.4
書誌ID 1001388435
ISBN 9784087204803
NCID BA89039327
巻冊次 ISBN:9784087204803 ; PRICE:700円+税
登録日 2009.11.02
更新日 2009.11.02

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています