このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:14回

  • 貸出数:21回
    (1年以内の貸出数:3回)

<図書>
「鎖国」という言説 : ケンペル著・志筑忠雄訳『鎖国論』の受容史
サコク ト イウ ゲンセツ : ケンペル チョ シズキ タダオ ヤク サコクロン ノ ジュヨウシ

責任表示 大島明秀著
シリーズ 人と文化の探究 ; 5
データ種別 図書
出版者 京都 : ミネルヴァ書房
出版年 2009.1
本文言語 日本語
大きさ viii, 496, 17p : 挿図 ; 22cm
概要 一八〇一年志筑忠雄訳『鎖国論』の訳出によって誕生した「鎖国」という言葉の東西両洋の受容の歴史を、ケンペルの原書にまで遡って、また国内外に伝存する九四点の写本の徹底究明を通じて明らかにする。今なお「日本人」を呪縛してやまないこの言説史研究の決定版。
目次 序章 なぜ「鎖国」言説の形成史か—本書の視座
第1章 ケンペル論文の成立と十八世紀西洋における受容
第2章 志筑忠雄訳『鎖国論』の成立とその背景
第3章 近世後期日本における志筑忠雄訳『鎖国論』の受容
第4章 近代日本における「鎖国」観の形成とその変遷
第5章 戦後日本における「鎖国」言説
結語 近世・近代における「鎖国」言説の形成史
補論 志筑忠雄訳『鎖国論』の流布と写本構造の分析
附録

所蔵情報


中央図 4A 003112008515030 210.5/O 77 2009

理系図1F 開架 058112008090704 210.5/O 77 2009

書誌詳細

別書名 異なりアクセスタイトル:鎖国という言説 : ケンペル著志筑忠雄訳鎖国論の受容史
異なりアクセスタイトル:「鎖国」という言説 : ケンペル著・志筑忠雄訳『鎖国論』の受容史
一般注記 博士論文『ケンペル原著、志筑忠雄訳『鎖国論』写本の書誌学的研究とその受容-近世および近代日本における「鎖国」観の形成史-』 (九州大学, 2008年) を改訂増補したもの
参考文献: p447-491
著者標目 大島, 明秀(1975-) <オオシマ, アキヒデ>
件 名 NDLSH:Kaempfer, Engelbert, 1651-1716
BSH:志筑, 忠雄
BSH:鎖国
FREE:Kämpfer, Engelbert, 1651-1716
NDLSH:日本 -- 外国関係 -- 歴史 -- 江戸時代  全ての件名で検索
分 類 NDC8:210.5
NDC9:210.5
書誌ID 1001369450
ISBN 9784623053124
NCID BA88549907
巻冊次 ISBN:9784623053124 ; PRICE:6000円+税
登録日 2009.09.18
更新日 2011.10.07

類似資料

この資料を借りた人はこんな資料も借りています