このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:21回

  • 貸出数:1回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
アーリア人
アーリアジン

責任表示 青木健著
シリーズ 講談社選書メチエ ; 438
データ種別 図書
出版者 東京 : 講談社
出版年 2009.5
本文言語 日本語
大きさ 270p ; 19cm
概要 スキタイ人・メディア人・ペルシア人・バクトリア人・パルティア人...史上最初の騎馬民族にして壮大なる世界帝国の樹立者。ユーラシア大陸を舞台に興亡を繰り返す諸民族の足跡を、「アーリア性」をキーワードに気鋭のイラン学者がたどる。
目次 第1章 「アーリア人」とは—古代オリエントとイスラームを繋ぐもの(インド・ヨーロッパ語族の中の「アーリア人」
「アーリア人」の多義性—言語的・文化的・政治的な意味 ほか)
第2章 ウクライナ平原と中央アジアの草原の覇者としてのイラン系アーリア人騎馬遊牧民(キンメリア人、スキタイ人、サカ人—最初の騎馬遊牧民(前九〜前二世紀)
サルマタイ人、アラン人—フン族との遭遇とウクライナ喪失(前三〜後四世紀) ほか)
第3章 世界帝国の樹立者、東西交易の担い手としてのイラン系アーリア人定住民(メディア人—最初のイラン系アーリア人定住民の王国(前九〜前六世紀)
ペルシア人—二つの世界帝国の栄光(前六〜後七世紀) ほか)
第4章 イスラーム時代以降のイラン系アーリア人(パシュトゥーン人—生き残ったイラン系アーリア人遊牧民
イスラーム教徒ペルシア人—生き残ったイラン系アーリア人定住民)
第5章 インド系アーリア人とヨーロッパ系アーリア人(インド系アーリア人の歴史と宗教—ヴェーダの宗教からヒンドゥー諸教へ
ヨーロッパ系アーリア人たちの歴史と宗教—第三の「自称アーリア人」)

所蔵情報


中央図 4Wa_10‐21 [新書] 058112009003322 081.6/Ko 19/(438) 2009

書誌詳細

一般注記 参考文献表: p251-255
著者標目 青木, 健(1972-) <アオキ, タケシ>
件 名 BSH:イラン -- 歴史  全ての件名で検索
NDLSH:アーリア人
分 類 NDC8:226.3
NDC9:227.2
書誌ID 1001366178
ISBN 9784062584388
NCID BA89911103
巻冊次 ISBN:9784062584388 ; PRICE:1700円+税
登録日 2009.09.18
更新日 2009.09.18

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています