このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:7回

  • 貸出数:16回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
世界史の中の日露戦争
セカイシ ノ ナカ ノ ニチロ センソウ

責任表示 山田朗著
シリーズ 戦争の日本史 ; 20
データ種別 図書
出版者 東京 : 吉川弘文館
出版年 2009.4
本文言語 日本語
大きさ 12, 317, 7p, 図版 [4] p : 挿図, 肖像, 地図 ; 20cm
概要 百年前に極東で勃発した日露戦争。その様子は通信網により翌日には欧米諸国で報道された。この戦争を国際政治の力学と情報・報道戦の側面から見直し、各地での作戦や軍事システムを豊富な図表を駆使して描き出す。
目次 戦争と情報—プロローグ
1 日露戦争への道
2 ロシア地上軍撃破と制海権確保のための戦い
3 陸海での決戦と戦争の終結
4 日露戦争の世界史的意味
5 日露戦争と日本軍
戦争による歴史観の変容—エピローグ

所蔵情報


中央図 4A 003112008035613 210.19/Se 73 2009

書誌詳細

一般注記 参考文献: p313-317
略年表: 巻末p1-7
著者標目 *山田, 朗(1956-) <ヤマダ, アキラ>
件 名 BSH:日露戦争
NDLSH:日露戦争(1904-1905)
分 類 NDC8:210.67
NDC9:210.67
NDC9:210.19
書誌ID 1001363629
ISBN 9784642063302
NCID BA89290163
巻冊次 ISBN:9784642063302 ; PRICE:2500円+税
登録日 2009.09.18
更新日 2009.09.18

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています