このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:26回

  • 貸出数:0回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
砂糖のイスラーム生活史
サトウ ノ イスラーム セイカツシ

責任表示 佐藤次高著
データ種別 図書
出版者 東京 : 岩波書店
出版年 2008.12
本文言語 日本語
大きさ viii, 241, 58p : 挿図, 地図 ; 20cm
概要 現代人の食生活に欠かすことのできない、砂糖。砂糖きびを原料とするその製法は、後一世紀に北インドで始まり、その後、東西世界へと広まった。中東イスラーム世界からヨーロッパへと伝えられた砂糖が、のちに世界史を動かす一大商品になることは、あまりにもよく知られている。では、砂糖はイスラーム世界でいかに普及し、またいかなる役割を果たしたのだろうか。本書は、この重要な問いに答えるため、膨大なアラビア語史料を駆使...て、砂糖きび栽培、砂糖生産と交易、政治権力の関与、医学・食との関わり、などを解明する。ひとつの“もの”を通してえがくイスラーム社会史であり、従来の「砂糖の世界史」に新局面をひらく貴重な実証研究である。続きを見る
目次 第1章 砂糖生産のはじまりと拡大
第2章 赤砂糖から白砂糖へ—製糖の技術
第3章 ラクダと船に乗って—商品としての砂糖
第4章 砂糖商人の盛衰
第5章 薬としての砂糖
第6章 砂糖と権力—賜り品と祭の品
第7章 食生活の変容

所蔵情報


文 イスラム(研究室) 005112008013734 イスラム/H/111 2008

書誌詳細

一般注記 史料と参考文献: 巻末p15-30
索引あり
著者標目 *佐藤, 次高(1942-) <サトウ, ツギタカ>
件 名 BSH:砂糖 -- 歴史  全ての件名で検索
BSH:イスラム圏 -- 歴史  全ての件名で検索
分 類 NDC8:588.1
NDC9:588.1
書誌ID 1001360831
ISBN 9784000230230
NCID BA88486884
巻冊次 ISBN:9784000230230 ; PRICE:3200円+税
登録日 2009.09.18
更新日 2009.09.18

類似資料