このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:145回

  • 貸出数:33回
    (1年以内の貸出数:4回)

<図書>
海域アジア史研究入門
カイイキ アジアシ ケンキュウ ニュウモン

責任表示 桃木至朗編
データ種別 図書
出版者 東京 : 岩波書店
出版年 2008.3
本文言語 日本語
大きさ vii, 292p : 挿図, 地図 ; 21cm
概要 アジア史研究において、各国史からは見えてこない海のネットワークが果たしてきた役割の重要性が説かれて久しい。本書は「海からの視点」をキーワードにより広くアジア全体をとらえ、その「海域アジア史」において、今、どのようなテーマ設定・史料選択が可能であるかをコンパクトに紹介する。待望久しい入門書の誕生。
目次 総説 海域アジア史のポテンシャル
第1篇 通時的パースペクティブ(中世—9世紀‐14世紀前半(中国人の海上進出と海上帝国としての中国
モンゴル帝国と海域アジア
宋元時代の海域東南アジア
日本列島と海域世界)
近世前期—14世紀後半‐17世紀初頭(明朝の国際システムと海域世界
琉球王国の形成と展開
日明の外交と貿易
日朝多元関係の展開
倭冠論のゆくえ
「交易の時代」の東・東南アジア
ヨーロッパ勢力の台頭と日本人のアジア進出)
近世後期—17世紀中葉‐19世紀初頭(経済史から見た近世後期の海域アジア
近世後期東アジアの通交管理と国際秩序
蝦夷地と琉球
東南アジアの「プロト国民国家」形成
18世紀の東南アジアと世界経済
近世から近代へ—近世後期の世界システム))
第2篇 各論(海陸の互市貿易と国家—宋元時代を中心として
港市社会論—長崎と広州
貿易陶磁
海産物交易—「竜涎船」をめぐって
造船技術—列島の木造船,終焉期のけしき
航海神—媽祖を中心とする東北アジアの神々
漂流,漂流記,海難
海域アジア史のための東アジア文献史料)
続きを見る

所蔵情報


中央図 4A 003112008009657 220/Mo 25 2008

中央図 2A 021112017010878 220/Mo 25 2014

比文 歴史資料 058112008022194 222.04/Mo 25 2008

文 東史(研究室) 005112008001676 東史/43A/843 2008

書誌詳細

一般注記 和・中・韓文文献目録: p237-276
欧文文献目録: p277-287
著者標目 桃木, 至朗(1955-) <モモキ, シロウ>
件 名 NDLSH:アジア -- 歴史  全ての件名で検索
NDLSH:アジア -- 外国関係 -- 歴史  全ての件名で検索
BSH:東洋史
BSH:アジア -- 対外関係 -- 歴史  全ての件名で検索
分 類 NDC8:220.04
NDC9:220
書誌ID 1001355149
ISBN 9784000224840
NCID BA85433167
巻冊次 ISBN:9784000224840 ; PRICE:2800円+税
登録日 2009.09.18
更新日 2009.09.18

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています