このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:20回

  • 貸出数:3回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
戦う村の民俗を行く
タタカウ ムラ ノ ミンゾク オ ユク

責任表示 藤木久志著
シリーズ 朝日選書 ; 843
データ種別 図書
出版者 東京 : 朝日新聞出版
出版年 2008.6
本文言語 日本語
大きさ 309p : 挿図, 地図 ; 19cm
概要 戦国の村人は、過酷な要求をする領主に対して、どのような手段で抵抗したのか?村をあげて逃げ出す「逃散」、ひっそりと夜逃げする「駆け落ち」など、したたかな対抗手段をとって生き延びていた。一方、領主は村人をどのように懐柔し、対策に奔走し、支配したのか?支配するものとされるものとの攻防は、智恵の戦いでもあった。しかし秀吉の平和令により戦国の世は、天下統一へと向かう。奥羽の戦国大名たちが味わったその変化と哀...みとは—。「戦国を行く」シリーズの著者が描く第5弾の本書では、板碑や年中行事を読み解き、新しい戦国の民俗誌の世界を展開する。続きを見る
目次 1 戦う村(村の百姓と戦国大名)
2 奥羽の戦国(中世奥羽の終末
戦国望郷の歌—蘆名滅亡によせて
「奥羽仕置」論の視座—小林清治『奥羽仕置と豊臣政権』『奥羽仕置の構造—破城・刀狩・検地』によせて
連歌をよむ武士たち—上杉連歌壇の人と作品)
3 戦国の民俗(「信仰地域論」の方法—中野豈任『忘れられた霊場—中世心性史の試み』によせて
戦国板碑の世界—中世比企の信仰風景
鎌倉公方の四季—中世民俗誌としての「鎌倉年中行事」から)

所蔵情報


中央図 4A 003112008001837 210.47/F 59 2008

書誌詳細

別書名 異なりアクセスタイトル:戦う村の民俗を行く
一般注記 引用・参考資料: p299-307
著者標目 藤木, 久志(1933-) <フジキ, ヒサシ>
件 名 BSH:日本 -- 歴史 -- 室町時代  全ての件名で検索
BSH:日本 -- 歴史 -- 安土桃山時代  全ての件名で検索
BSH:村落 -- 歴史  全ての件名で検索
分 類 NDC8:210.47
NDC9:210.47
書誌ID 1001351941
ISBN 9784022599438
NCID BA86040239
巻冊次 ISBN:9784022599438 ; PRICE:1300円+税
登録日 2009.09.18
更新日 2009.09.18

類似資料