このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:4回

  • 貸出数:4回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
インドの「二元論哲学」を読む : イーシュヴァラクリシュナ『サーンキヤ・カーリカー』
インド ノ ニゲンロン テツガク オ ヨム : イーシュヴァラクリシュナ サーンキヤ カーリカー

責任表示 [イーシュヴァラクリシュナ原著] ; 宮元啓一著
シリーズ シリーズインド哲学への招待
データ種別 図書
出版者 東京 : 春秋社
出版年 2008.4
本文言語 日本語
大きさ vi, 193p ; 20cm
概要 デカルトとは全く異なる独自の二元論を展開し、漱石もあこがれたと言われるサーンキヤ哲学。その奥義に迫る、シリーズ第三弾。
目次 1 序論
2 原質とそれからの流出
3 自己
4 原質から流出した諸原理
5 輪廻の主体
6 輪廻の様相
7 解脱
8 後記

所蔵情報


中央図 4A 003112008012106 126/Mi 77 2008

書誌詳細

別書名 異なりアクセスタイトル:インドの二元論哲学を読む : イーシュヴァラクリシュナサーンキヤカーリカー
著者標目 Īśvarakr̥ṣṇa
宮元, 啓一(1948-) <ミヤモト, ケイイチ>
件 名 BSH:サーンキヤ・カーリカー
FREE:Īshvarakrishna
NDLSH:サーンキヤ派
分 類 NDC8:126.6
NDC9:126.6
書誌ID 1001351189
ISBN 9784393133736
NCID BA85886172
巻冊次 ISBN:9784393133736 ; PRICE:2500円+税
登録日 2009.09.18
更新日 2009.09.18

類似資料

この資料を借りた人はこんな資料も借りています