このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:42回

  • 貸出数:40回
    (1年以内の貸出数:2回)

<図書>
死生学とは何か
シセイガク トワ ナニカ

責任表示 島薗進, 竹内整一編
シリーズ 死生学 / 島薗進, 竹内整一, 小佐野重利責任編集 ; 1
データ種別 図書
出版者 東京 : 東京大学出版会
出版年 2008.5
本文言語 日本語
大きさ viii, 257p ; 21cm
目次 1 死生学とは何か(死生学とは何か—日本での形成過程を顧みて
死生学と生命倫理—「よい死」をめぐる言説を中心に
生権力と死をめぐる言説
アメリカの死生観教育—その歴史と意義
英国における死生学の展開—回顧と現状)
2 死の臨床をささえるもの(生と死の時間—“深層の時間”への旅
なぜ人は死に怯えるのだろうか
エリザベス・キューブラー・ロス—その生と死が意味すること。
「自分の死」を死ぬとは
死の臨床と死生観)

所蔵情報


中央図 3C_3‐39 [教育(人環)] 007112008000587 教育/11B/801-1 2007

理系図1F 開架 058112008034403 114.2/Sh 45 2008

書誌詳細

別書名 その他のタイトル:What is death and life studies?
異なりアクセスタイトル:死生学とは何か
一般注記 欧文タイトルは標題紙裏による
文献: 各章末
著者標目 島薗, 進(1948-) <シマゾノ, ススム>
竹内, 整一(1946-) <タケウチ, セイイチ>
件 名 BSH:生と死
NDLSH:生死
分 類 NDC8:114.2
NDC9:114.2
NDLC:H45
書誌ID 1001351186
ISBN 9784130141215
NCID BA8588258X
巻冊次 ISBN:9784130141215 ; PRICE:2800円+税
NBN JP21435314
登録日 2009.09.18
更新日 2009.09.18

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています