このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:10回

  • 貸出数:15回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
サウンドスケープの詩学
サウンド スケープ ノ シガク

責任表示 鳥越けい子著
データ種別 図書
出版者 東京 : 春秋社
出版年 2008.3
本文言語 日本語
大きさ iv, 363p ; 21cm
概要 音の風景、五感の旅。“環境の時代”をしなやかに生きる暮らし方・考え方。人間と自然をつなげる=こどもたちとの共同作業。
目次 1 音風景への旅(プロローグ 残したい音の風景を訪ねて—大きな楠のある境内の音
聴く文化の保存に向けて—遠州灘の波の音 ほか)
2 サウンドスケープの考え方(音楽教育とサウンドスケープ・1 音楽と環境をつなぐ—戸隠高原、野鳥の声
音楽教育とサウンドスケープ・2 サウンドスケープという概念—善光寺の鐘の音 ほか)
3 環境教育/学習に向けて(サウンドスケープの考え方を教室に導入する・1 戸塚第二小学校の試み・1—関門海峡の潮騒と汽笛
サウンドスケープの考え方を教室に導入する・2 戸塚第二小学校の試み・2—立山の雷鳥の鳴き声 ほか)
4 「音楽」とは何か—「サウンド」と「ミュージック」の架け橋(サウンドスケープ教室の原点にもどる・1 こどもはサウンドコーディネイター—禅定院大銀杏の葉ずれ音
サウンドスケープ教育の原点にもどる・2 身体の記憶と「五感の音楽」—東山植物園で聞こえる野鳥の声 ほか)

所蔵情報

フィールド篇 芸工2階 013112008003062 761.13/To67 2008

書誌詳細

別書名 異なりアクセスタイトル:サウンドスケープの詩学
異なりアクセスタイトル:こどもたちと探る : 残したい私たちの音風景
一般注記 『教育音楽』 (小学版 音楽の友社刊) に連載の「こどもたちと探る : 残したい私たちの音風景」 (1999年4月-2004年3月) をまとめたもの
著者標目 鳥越, けい子(1955-) <トリゴエ, ケイコ>
件 名 BSH:音楽社会学
分 類 NDC8:760.13
NDC9:761.13
書誌ID 1001349202
ISBN 9784393935330
NCID BA8556135X
巻冊次 フィールド篇 ; ISBN:9784393935330 ; PRICE:2500円+税
登録日 2009.09.18
更新日 2009.09.18

類似資料

この資料を借りた人はこんな資料も借りています