このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:2回

  • 貸出数:1回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
日本国家の形成と東アジア世界
ニホン コッカ ノ ケイセイ ト ヒガシアジア セカイ

責任表示 川勝守著
データ種別 図書
出版者 東京 : 吉川弘文館
出版年 2008.4
本文言語 日本語
大きさ 8, 368, 7, viiip ; 22cm
概要 日本は東アジア世界のなか、中国の影響を受けつつ固有の文化を発展させ国家を形成した。金印「漢委奴国王」や石上神宮七支刀、倭五王外交、仏教伝来を探り、冊封関係で結ばれた東アジアの国際関係が果たした役割を解明。
目次 東アジア世界とは何か、その考え方と現代的意義
第1部 東アジア冊封体制の形成と構造(冊封体制の形成
倭国王と倭王
魏晋王朝における冊封体制の形成
東アジア古代世界における市の風景—冊封関係と貿易通商関係)
第2部 日本古代国家形成と東アジア国際関係(石上神宮七支刀の意味すること—日本古代における軍事と祭祀
石上神宮七支刀の国際的契機—四世紀の東アジアの世界構造
倭五王外交の歴史的意義—応神朝から継体朝に至る日本古代と東アジア世界
五世紀、稲荷山古墳鉄剣銘と江田船山古墳太刀銘の文明論—日本王権と官僚制の起源に関する覚え書き
四・五世紀の高句麗太王政権と東アジア世界
二本への仏教伝来の国際的契機—北魏仏教の伝統)
続きを見る

所蔵情報


中央図 2C_74‐89 [文/国史] 005112009510552 国史/3C/2175 2008

書誌詳細

別書名 その他のタイトル:The formation of the Japanese state and the world of East Asia
一般注記 英文タイトルは巻末「英文梗概」による
著者標目 *川勝, 守(1940-) <カワカツ, マモル>
件 名 BSH:日本 -- 歴史 -- 古代  全ての件名で検索
BSH:日本 -- 対外関係 -- アジア(東部) -- 歴史  全ての件名で検索
NDLSH:日本 -- 外国関係 -- アジア(東部) -- 歴史 -- 古代  全ての件名で検索
NDLSH:日本 -- 歴史 -- 古代  全ての件名で検索
分 類 NDC8:210.3
NDC9:210.3
NDLC:GB186
書誌ID 1001348148
ISBN 9784642024648
NCID BA85486855
巻冊次 ISBN:9784642024648 ; PRICE:11000円+税
登録日 2009.09.18
更新日 2009.09.18

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています