このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:41回

  • 貸出数:5回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
幕末維新と佐賀藩 : 日本西洋化の原点
バクマツ イシン ト サガハン : ニホン セイヨウカ ノ ゲンテン

責任表示 毛利敏彦著
シリーズ 中公新書 ; 1958
データ種別 図書
出版者 東京 : 中央公論新社
出版年 2008.7
本文言語 日本語
大きさ v, 226p, 肖像 ; 18cm
概要 明治維新の原動力となった「薩長土肥」の雄藩だが、肥前=佐賀藩の影は薄い。しかし西洋の先進技術を最も蓄積した佐賀藩は、英明な藩主・鍋島閑叟のもと鉄製大砲を製造。幕末期、技術力で幕府や他藩を圧倒し、閑叟は新政府のトップに躍り出る。また開明的な藩士が多数輩出し、江藤新平は教育・司法に「西洋丸写し」とまで称される大胆な制度を導入する。佐賀の乱以降、薩長政権下、活躍が軽視された同藩の真の価値を描く。
目次 序章 長崎御番
第1章 鍋島閑叟の登場
第2章 日本開国
第3章 尊王攘夷と佐賀藩
第4章 江戸幕府瓦解
第5章 明治新政
第6章 国民教育への道
第7章 初代司法卿—人権の父
第8章 暗転—明治六年政変と佐賀戦争
終章 明治維新史を見直す

所蔵情報


理系図2F 文庫新書 058112008022256 中公新書 2008

芸工新書 2階 013112008007845 219/Mo45 2008

書誌詳細

一般注記 参考文献: p219-221
関連年表: p223-226
著者標目 *毛利, 敏彦(1932-) <モウリ, トシヒコ>
件 名 BSH:佐賀藩
BSH:明治維新
BSH:日本 -- 歴史 -- 幕末期  全ての件名で検索
NDLSH:日本 -- 歴史 -- 江戸末期  全ての件名で検索
分 類 NDC8:210.58
NDC9:210.58
書誌ID 1001347714
ISBN 9784121019585
NCID BA86565323
巻冊次 ISBN:9784121019585 ; PRICE:760円+税
登録日 2009.09.18
更新日 2009.09.18

類似資料

この資料を借りた人はこんな資料も借りています