このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:213回

  • 貸出数:11回
    (1年以内の貸出数:1回)

<図書>
討議と承認の社会理論 : ハーバーマスとホネット
トウギ ト ショウニン ノ シャカイ リロン : ハーバーマス ト ホネット

責任表示 日暮雅夫著
データ種別 図書
出版者 東京 : 勁草書房
出版年 2008.6
本文言語 日本語
大きさ viii, 256p ; 22cm
概要 民主的法治国家はどのように意思形成を正統化し、外部の「他者」を包摂しようとするのか。『事実性と妥当性』『承認をめぐる闘争』『正義の他者』を中心に、現代の批判的社会理論—ハーバーマスとホネット—の論理構造を分析する。
目次 第1部 討議理論の道徳的側面—ハーバーマスの討議倫理学(ハーバーマスの討議倫理学の基本構想
ハーバーマスの討議倫理学の位置設定と論争状況—カント対ヘーゲル ほか)
第2部 法の討議理論の展開—ハーバーマスの『事実性と妥当性』の法理論(権利体系の再構成
民主的法治国家における意思形成 ほか)
第3部 討議理論と文化的多元主義—ハーバーマスと差異の承認(法治国家の空洞化と「手続き主義的法パラダイム」
ハーバーマスと多文化主義—ハーバーマスとテイラー)
第4部 批判的社会理論の承認論的転回—アクセル・ホネットの社会理論(承認論の現在的座標—ホネット理論の基本的問題設定
ホネット理論の展開と諸論争—ポストモダニズム、公共圏論、フェミニズムとの論争)

所蔵情報


中央図 4A 058112008029807 361.234/H 56 2008

中央図 3C_74‐82 [文(人環)/社会] 005112008006172 社会/1/1624 2008

書誌詳細

別書名 標題紙タイトル:Social theories of discourse and recognition : Habermas and Honneth
一般注記 参考文献: p237-244
著者標目 日暮, 雅夫(1958-) <ヒグラシ, マサオ>
件 名 BSH:Habermas, Jürgen
BSH:Honneth, Axel
分 類 NDC8:361.234
NDC9:361.234
書誌ID 1001345505
ISBN 9784326101825
NCID BA8627784X
巻冊次 ISBN:9784326101825 ; PRICE:3400円+税
登録日 2009.09.18
更新日 2009.09.18

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています