このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:33回

  • 貸出数:35回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
ストレスとはなんだろう : 医学を革新した「ストレス学説」はいかにして誕生したか
ストレス トワ ナンダロウ : イガク オ カクシン シタ ストレス ガクセツ ワ イカニシテ タンジョウ シタカ

責任表示 杉晴夫著
シリーズ ブルーバックス ; B-1604
データ種別 図書
出版者 東京 : 講談社
出版年 2008.6
本文言語 日本語
大きさ 196p : 挿図 ; 18cm
概要 私たちは当たり前のように「ストレス」という言葉を使うが、実は、この言葉が誕生してから、約80年しか経っていない。すべての病気の原因が病原体にあると信じられていた1930年代、若き天才科学者ハンス・セリエは、心や肉体へのストレスが体の変調をもたらすという画期的な「ストレス学説」を提唱した。医学を革新した天才的な閃きはいかにして生まれたのか?科学者たちが織りなす人間ドラマを通じて、「ストレス学説」誕生...秘密に迫る力作。続きを見る
目次 第1章 若き日のハンス・セリエの抱いた疑問
第2章 ホルモンの発見—高峰譲吉のアドレナリン発見物語
第3章 ストレス学説誕生前夜—インシュリン発見物語
第4章 セリエの研究の行き詰まりとストレス学説の着想
第5章 ストレス学説の成立—ストレス反応の三つの時期
第6章 視床下部ホルモンの発見戦争
第7章 精神的ストレス疾患はなぜ起きるのか?
第8章 ストレス解消による健康長寿への道

所蔵情報


中央図 自動書庫 003112008006485 ブルーバックス//B 1604 2008

中央図 自動書庫 032112014028131 493.49/Su 32 2011

理系図2F 文庫新書 031112008001541 ブルーバックス//B1604 2008

芸工新書 2階 013112008006386 493/Su32 2008

書誌詳細

別書名 異なりアクセスタイトル:ストレスとはなんだろう : 医学を革新したストレス学説はいかにして誕生したか
異なりアクセスタイトル:ストレスとはなんだろう : 医学を革新した「ストレス学説」はいかにして誕生したか
一般注記 主要参考文献: p180-181
著者標目 杉, 晴夫(1933-) <スギ, ハルオ>
件 名 NDLSH:ストレス
FREE:Selye, Hans
分 類 NDC:491.3
書誌ID 1001344983
ISBN 9784062576048
NCID BA86180770
巻冊次 ISBN:9784062576048 ; PRICE:820円+税
登録日 2009.09.18
更新日 2009.09.18

類似資料

この資料を借りた人はこんな資料も借りています