このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:439回

  • 貸出数:52回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
鈴木茂嗣先生古稀祝賀論文集
スズキ シゲツグ センセイ コキ シュクガ ロンブンシュウ

責任表示 三井誠, 中森喜彦, 吉岡一男, 井上正仁, 堀江慎司編集委員
データ種別 図書
出版者 東京 : 成文堂
出版年 2007.5
本文言語 日本語
大きさ 2冊 ; 22cm
目次 上巻: 社会の変化と刑法 / 井田良著
牧野刑法学における社会政策と治安政策の接合について / 内田博文著
犯罪体系論における行為規範と制裁規範 / 山中敬一著
刑法における行為規範と制裁規範 : 二元的規範論の展開 / 高橋則夫著
犯罪論体系の構造とその規範理解 / 齋野彦弥著
主観的要素と犯罪論構造 / 曽根威彦著
犯罪論についての刑事学的考察 / 吉岡一男著
可罰的評価について / 小田直樹著
実行行為の概念について / 中森喜彦著
実行行為と責任非難 / 山口厚著
不作為による傷害致死罪の成立範囲について : ドイツにおける制限論の検討 / 岩間康夫著
日本刑法学における違法論の潮流と法益論 : その(一)・主観的違法論および初期の規範違反説を中心に / 甲斐克則著
警察官による救助の可能性と正当防衛 / 橋田久著
強制と緊急避難について / 松宮孝明著
推定的同意論・再考 / 須之内克彦著
故意の認定と事実の錯誤 / 川端博著
故意構成要件と過失構成要件 : 許された危険を契機として / 佐久間修著
「組織体の刑事責任」論の近時の展開について / 伊東研祐著
管理・監督過失論学説史 : その不真正不作為犯構成をめぐって / 石塚章夫著
引き受け過失について / 松生光正著
刑事責任能力小論 : いわゆる刑法第三九条廃止論について / 神田宏著
犯罪成立時期の包括的な早期化について / 塩見淳著
共謀共同正犯と行為主義 : 最高裁平成一五年五月一日決定・同平成一七年一一月二九日決定を契機として / 松原芳博著
フランス法における不法領得の意思 : 現代社会における刑法の断片性の意義 / 恒光徹著
賄賂罪における純粋性説 / 林幹人著
自己株式の不正取得罪について / 佐伯仁志著
心神喪失者等医療観察法における医療の必要性と再犯の可能性 / 安田拓人著
触法精神障害者の処遇決定に関する実務の運用について : 横浜地裁の事例を通して / 小倉正三著
少年法改正と保護処分の見直し / 瀬川晃著
少年事件における非行事実と要保護性 : 要保護性に関する試論 / 斉藤豊治著
犯罪被害者等給付金に関する若干の考察 / 栗原宏武著
下巻: 刑事司法の改革課題 : 「日本的特色」論との関連で / 高田昭正著
デュー・プロセス論の意義と問題点 / 小早川義則著
ロシア刑事訴訟法における「当事者主義」原則 / 上田寛著
刑事訴訟主体論序説 / 田口守一著
刑事訴訟における要件事実についての一考察 : 鈴木茂嗣の「構成要件論」構想を手がかりに / 宇藤崇著
違法の承継について / 石井一正著
刑事訴訟法一九七条一項について / 松田岳士著
ハイテク機器を利用した追尾監視型捜査 : ビデオ監視とGPSモニタリングを例に / 指宿信著
他罪証拠収集のための強制処分の利用 : 連邦最高裁判例理論の検討 / 洲見光男著
「防御の秘密」と被疑者取調べの法的限界 / 渡辺修著
被疑者国選弁護の導入と国選弁護制度 / 浦功著
接見交通権と刑事弁護の自由 : ドイツ法との比較 / 川崎英明著
弁護人等以外の者との接見と刑訴法八一条 / 村井敏邦著
訴因による裁判所の審理範囲の限定について / 川出敏裕著
訴因変更の要否と判例法理 / 加藤克佳著
証拠裁判主義の意義について : 明治九年太政官布告第八六号についての『元老院会議筆記』から / 久岡康成著
アリバイの立証 / 三井誠著
自白法則について / 寺崎嘉博著
自白の任意性判断などに関する提言 : 平成一二年の二つの裁判例を題材として / 木谷明著
「心理状態の供述」について / 堀江慎司著
違法収集証拠の排除に関する一考察 / 山本正樹著
罪数論と刑事手続 / 浅田和茂著
罪数論と手続法との交錯 : かすがい現象について / 辻本典央著
常習罪における一事不再理効 / 上口裕著
国際的一事不再理 / 高山佳奈子著
量刑事実の選別化の必要性について : 量刑判断の在り方についての一考察 / 安原浩著
再審請求における証拠構造分析の意義 : 横浜事件との関連で / 佐藤博史著
裁判員裁判実施に向けて / 上垣猛著
裁判員裁判の対象事件について / 角田正紀著
冒頭陳述、手続二分および裁判員制度 / 山田道郎著
裁判員制度導入後の控訴審 / 杉森研二著
ドイツにおける過剰収容 : 「人間の尊厳」条項との関係で / 福井厚著
ニューヨークにおける検察クリニック : 法科大学院時代における刑事実務教育のあり方を探る / 四宮啓著
続きを見る

所蔵情報

上巻 中央図 4A 003112008006384 326.04/Mi 64 2007
上巻 中央図 4C_1‐135 [法] 015112007006678 Aj 02/S/51 2007
上巻 法科院(Law School) 015112008023981 Aj 02/S/17 2007
下巻 中央図 4A 003112008006396 326.04/Mi 64 2007
下巻 中央図 4C_1‐135 [法] 015112007006817 Aj 02/S/51 2007
下巻 法科院(Law School) 015112008023993 Aj 02/S/17 2007

書誌詳細

内容注記 上巻: 社会の変化と刑法 / 井田良著
牧野刑法学における社会政策と治安政策の接合について / 内田博文著
犯罪体系論における行為規範と制裁規範 / 山中敬一著
刑法における行為規範と制裁規範 : 二元的規範論の展開 / 高橋則夫著
犯罪論体系の構造とその規範理解 / 齋野彦弥著
主観的要素と犯罪論構造 / 曽根威彦著
犯罪論についての刑事学的考察 / 吉岡一男著
可罰的評価について / 小田直樹著
実行行為の概念について / 中森喜彦著
実行行為と責任非難 / 山口厚著
不作為による傷害致死罪の成立範囲について : ドイツにおける制限論の検討 / 岩間康夫著
日本刑法学における違法論の潮流と法益論 : その(一)・主観的違法論および初期の規範違反説を中心に / 甲斐克則著
警察官による救助の可能性と正当防衛 / 橋田久著
強制と緊急避難について / 松宮孝明著
推定的同意論・再考 / 須之内克彦著
故意の認定と事実の錯誤 / 川端博著
故意構成要件と過失構成要件 : 許された危険を契機として / 佐久間修著
「組織体の刑事責任」論の近時の展開について / 伊東研祐著
管理・監督過失論学説史 : その不真正不作為犯構成をめぐって / 石塚章夫著
引き受け過失について / 松生光正著
刑事責任能力小論 : いわゆる刑法第三九条廃止論について / 神田宏著
犯罪成立時期の包括的な早期化について / 塩見淳著
共謀共同正犯と行為主義 : 最高裁平成一五年五月一日決定・同平成一七年一一月二九日決定を契機として / 松原芳博著
フランス法における不法領得の意思 : 現代社会における刑法の断片性の意義 / 恒光徹著
賄賂罪における純粋性説 / 林幹人著
自己株式の不正取得罪について / 佐伯仁志著
心神喪失者等医療観察法における医療の必要性と再犯の可能性 / 安田拓人著
触法精神障害者の処遇決定に関する実務の運用について : 横浜地裁の事例を通して / 小倉正三著
少年法改正と保護処分の見直し / 瀬川晃著
少年事件における非行事実と要保護性 : 要保護性に関する試論 / 斉藤豊治著
犯罪被害者等給付金に関する若干の考察 / 栗原宏武著
下巻: 刑事司法の改革課題 : 「日本的特色」論との関連で / 高田昭正著
デュー・プロセス論の意義と問題点 / 小早川義則著
ロシア刑事訴訟法における「当事者主義」原則 / 上田寛著
刑事訴訟主体論序説 / 田口守一著
刑事訴訟における要件事実についての一考察 : 鈴木茂嗣の「構成要件論」構想を手がかりに / 宇藤崇著
違法の承継について / 石井一正著
刑事訴訟法一九七条一項について / 松田岳士著
ハイテク機器を利用した追尾監視型捜査 : ビデオ監視とGPSモニタリングを例に / 指宿信著
他罪証拠収集のための強制処分の利用 : 連邦最高裁判例理論の検討 / 洲見光男著
「防御の秘密」と被疑者取調べの法的限界 / 渡辺修著
被疑者国選弁護の導入と国選弁護制度 / 浦功著
接見交通権と刑事弁護の自由 : ドイツ法との比較 / 川崎英明著
弁護人等以外の者との接見と刑訴法八一条 / 村井敏邦著
訴因による裁判所の審理範囲の限定について / 川出敏裕著
訴因変更の要否と判例法理 / 加藤克佳著
証拠裁判主義の意義について : 明治九年太政官布告第八六号についての『元老院会議筆記』から / 久岡康成著
アリバイの立証 / 三井誠著
自白法則について / 寺崎嘉博著
自白の任意性判断などに関する提言 : 平成一二年の二つの裁判例を題材として / 木谷明著
「心理状態の供述」について / 堀江慎司著
違法収集証拠の排除に関する一考察 / 山本正樹著
罪数論と刑事手続 / 浅田和茂著
罪数論と手続法との交錯 : かすがい現象について / 辻本典央著
常習罪における一事不再理効 / 上口裕著
国際的一事不再理 / 高山佳奈子著
量刑事実の選別化の必要性について : 量刑判断の在り方についての一考察 / 安原浩著
再審請求における証拠構造分析の意義 : 横浜事件との関連で / 佐藤博史著
裁判員裁判実施に向けて / 上垣猛著
裁判員裁判の対象事件について / 角田正紀著
冒頭陳述、手続二分および裁判員制度 / 山田道郎著
裁判員制度導入後の控訴審 / 杉森研二著
ドイツにおける過剰収容 : 「人間の尊厳」条項との関係で / 福井厚著
ニューヨークにおける検察クリニック : 法科大学院時代における刑事実務教育のあり方を探る / 四宮啓著
一般注記 鈴木茂嗣先生の肖像あり
鈴木茂嗣先生略歴・主要著作目録: 上巻p[753]-769, 下巻p[805]-821
著者標目 三井, 誠(1942-) <ミツイ, マコト>
中森, 喜彦 <ナカモリ, ヨシヒコ>
吉岡, 一男(1946-) <ヨシオカ, カズオ>
井上, 正仁(1949-) <イノウエ, マサヒト>
堀江, 慎司(1972-) <ホリエ, シンジ>
件 名 BSH:鈴木, 茂嗣
BSH:刑法
BSH:刑事訴訟法
NDLSH:刑法 -- 記念論文集  全ての件名で検索
NDLSH:刑事訴訟法 -- 記念論文集  全ての件名で検索
BSH:刑事法
分 類 NDC9:326.04
書誌ID 1001341986
ISBN 9784792317676
NCID BA82103144
巻冊次 上巻 ; ISBN:9784792317676 ; PRICE:13000円+税
下巻 ; ISBN:9784792317683 ; PRICE:13000円+税
登録日 2009.09.18
更新日 2009.09.18

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています